週に1回やろう!Macを再起動するキーボードショートカット

Mac restart 【img via Sleep + Restart + Shut Down by acidpix

「OS X Yosemite」にしてからMacが重くなったと感じる人は多いのではないだろうか。僕自身がそうだったので、これまで二度に渡って重いMacを快適にする方法を色々と調べてきた。


中でも効果的だったのが意外にもMacの再起動。Apple Storeの技術担当者によると1週間に1回再起動した方が良いとのことだったが、毎回左上のリンゴマークから再起動するのは面倒だ。Macでゴミ箱を空にするキーボードショートカットと同様にスマートにMacを再起動したい。

そこで、本記事ではMacを再起動することができるキーボードショートカットを紹介する!

Macをスマートに再起動!ショートカットキーを覚えてこう!

Macを再起動するショートカットキー


control + 電源ボタン + R

Macを再起動するためには電源関連のダイアログボックスを表示するキーボードショートカット「control + 電源ボタン」を起動。下記スクリーンショットのようなダイアログボックスが画面上に出てくるはず。

aMac restart keyboard shortcut
ダイアログボックス表示後、「R」キーを押すとMacが再起動される

Macを再起動するショートカットキー(確認通知無し)


command + control + 電源ボタン

「毎回確認されるのは面倒だ、ショートカットキーを押して即座に再起動したい!」という人は、「command + control + 電源ボタン」を覚えておくべし!先ほどのキーボードショートカットに「control」を追加することによって強制的に再起動する。

番外編:Alfredを利用してMacを再起動する方法

Mac restart keyboard shortcut
上記キーボードショートカットを覚えておくと効率よくMacを再起動できてスマートだが、Alfredユーザーにはキーボードショートカットを覚えておく必要さえもない!

「Alfred」のシステム操作機能を紹介した際にも書いたが、Alfredを立ち上げ「restart」と打つだけでMacが再起動される。押すべきキーも覚える必要もないので、Alfredを使っている人は活用しましょう!

Alfredのシステム操作機能は覚えておいて損はないので、以下の記事を参考にどうぞ!


あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法