Macで内蔵辞書で知らない単語を簡単に調べる方法2つ

Dictionary
僕がMacを使い始めたのは大学4年生の頃。なんだかんだで7年ほど経っているが、まだまだ知らない機能は多い。


今回紹介するのはMacで内蔵辞書で知らない単語を簡単に調べる方法。これを知っておくとネットで調べ物をしている時、カーソルを併せて選択できる単語はすべて内蔵辞書で簡単に調べることができるのだ!

トラックパッドの3本指タップで呼び出す

まずはトラックパッドを使う方法。これはシステム環境設定で有効になっていなければ利用できない機能だが、カーソルで選択した単語をトラックパッドで3本指タップすると冒頭の画像のように辞書を呼び出すことができる。

単語を選択し、3本指でタップしても何も起きない、という人はシステム環境設定の中にある「トラックパッド」をクリックし、以下のように「調べる」という項目にチェックが入っているか確認しましょう!

Trackpad

「control」 + 「command」 + 「d」で呼び出す

ただし、この方法では指からキーボードを離さなければならなくなる。可能であればキーボードだけで完結したい。ということは、ここはやはりキーボード・ショートカットを利用する他ないだろう。

選択した単語を内蔵辞書で調べるためのキーボード・ショートカットは「control」 + 「command」 + 「d」の3つのキーを組み合わせることによって呼び出すことができる。これは覚えておくと便利だ。先日紹介した単語を選択する方法と併せて覚えておくべし!


番外編:Alfredのトリガーを活用する方法

Mac内蔵の辞書を呼び出す方法として、アプリランチャー「Alfred」を使っている人であれば単語さえ分かっていれば簡単に調べることができる。デフォルトでは「define 調べたい単語」と打ち込めば辞書が立ち上がる。


個人的には「control」 + 「command」 + 「d」を知ってからは文章中の知らない単語を調べるのに時折活用するが、基本的にはAlfredで調べてしまうことが多い。特に「Alfred」ユーザーは今回各種トリガーを覚えるべし!

知らない単語を調べて何が悪い!知らない単語に遭遇することが多いMac使いの人は内蔵辞書を活用するべし!

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法