今年発表されるノート型Macはやはり3種類かーーロシアで商標登録が判明

New MacBook Pro Martin Hajek

Appleがロシアにてモデル番号「A1706」「A1707」「A1708」という3種類の「ポータブルパーソナルコンピューター」に関する商標の登録を行ったことがユーラシア経済共同体の申請資料によって判明した。これらのデバイスは「macOS Sierra」が動作すると明記されている。

先日、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)KGI Securitiesが報じていた通り、現地時間10月27日に開催されるスペシャルイベントではMacBook Pro」の13インチと15インチモデルおよびMacBookの13インチモデルが登場するものと見られる。

新型Mac、発表会終了直後に発売開始か?!

今回の情報元は過去に「iPhone 7」や「Apple Watch Series 1/2」の存在を正式発表される1週間前に正確にリークした実績を持つ。

残念ながら「macOS Sierra」が動作するノート型Macが3種類発表され、それらのモデル番号が「A1706」「A1707」「A1708」であること以外の情報はない。ただし、9To5Macはこのデータベースに登録されているということは近日中に発売が開始されるということを意味し、スペシャルイベントの直後に新モデルの発売が開始されるのではないかと指摘している。

Russion Trademark Filings

ところで、相変わらず13インチ型MacBookに関する情報がないのだが、ふと思ったことがある。仮に13/15インチ型「MacBook Pro」以外の1台が「MacBook Air」ではなくMacBookとして登場した場合、既に12インチ型モデルがあるのにも関わらず13インチモデルを投入するのは腑に落ちない。

そこで、以前噂されていた15インチモデルが代わりに投入されるという可能性はどうだろうか。

というのも、12インチ型MacBookは11インチ型「MacBook Air」よりもコンパクトなのだ。下記比較表をご覧あれ。

11インチ型MacBook Air 12インチ型MacBook
高さ 0.3~1.7 cm 0.35〜1.31 cm
30 cm 28.05 cm
奥行き 19.2 cm 19.65 cm
重量 1.08 kg 0.92 kg

「MacBook Air」は最も薄いデバイスのの座を0.05mm差で辛うじて守る事ができているが、歳厚部は12インチ型MacBookの方が薄く、横幅も約2cm小さい。11インチディスプレイと12インチディスプレイという違いはあれど、ボディサイズはほぼ同じなのだ。

だとすれば、噂されている「13インチ型MacBook」とは、実は13インチモデルの筐体に15インチディスプレイを詰め込んだノート型Macであるという可能性は無いだろうか

これが実現した場合、スペックは非常に気になるところ。15インチという大きなディスプレイを持っていながら「Core M」プロセッサはあまりにも貧弱。ポート数もUSB-Cポート1つではなく、少なくとも2つ以上搭載されていることを期待したい。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via 9To5Mac