Mac Studio、M1 MaxとM1 Ultraで重量が異なる理由が判明

M1 Ultraのほうが、M1 Maxより900g重い

AppleEvent 202203 PeekPerformance 2127

Mac Studioは、搭載するチップによって重量差が大きく異なる。M1 Maxモデルは2.7kgだが、M1 Ultraモデルは3.6kg。The Vergeによると、採用するチップによってサーマルモジュールの素材が異なるという。

Appleの広報担当は、「どちらのモデルも最大消費電力は同じ370W。M1 Maxはアルミニウム製のヒートシンクを使用しているのに対し、M1 Ultraは銅製のサーマルモジュールを搭載しているから重量差がある」と説明している。

搭載チップによって排熱構造が異なるかは不明だが、全く同じヒートシンクが使用されていた場合、銅製はアルミニウム製に比べて3倍以上の重量になるそうだ。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac Studio」新着記事
トレンド検索