ソニー、新型スマートスピーカー「LF-S50G」を12月9日に発売ーー音質重視の高級路線

LF S50G 1

ソニーが12月に国内発売すると噂されていた新型スマートスピーカー「LF-S50G」が2017年12月9日に発売開始することが発表された

カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色展開。価格はオープン価格とされているが、公式ストアやAmazon楽天などでは税別24,880円(税込26,870円)と案内されている。

ソニーならではの音質を重視したスマートスピーカー

「LF-S50G」は最近発売された「Google Home」や「Google Home Mini」と同様に、Googleの音声アシスタント機能「Googleアシスタント」を搭載。呼びかけるだけでその日の天気や予定、スマート家電の操作などが可能となっていて、この点において、Googleのスマートスピーカーとの差は基本的にない。

他のスマートスピーカーとは何が異なるのか。どうやら「LF-S50G」の優位点は、ソニーならではの高音質サウンド。360度に広がる作りになっているため、部屋のどこに置いても迫力のある音を楽しむことができるそう。

また、IPX3相当の防滴仕様、曲操作を行うことができるジェスチャー機能などもソニーのスマートスピーカーならでは。キッチンに置き、親の家事のお供として活躍してもらうのもありかもしれない。

商品説明を読んでいると、「LF-S50G」は「スマートスピーカー」の「スマート」部分よりも「スピーカー」部分を重視しているような印象があり、「今の時代に合った据え置き型スピーカー」という位置付けであるように思える。

つまり、「HomePod」と競合する存在とも言える。見た目もそっくりだしね……。

購入予約は下記からどうぞ!

あわせて読みたい