Facebookアプリ、またしてもiPhoneの電池持ちに悪影響だと指摘される

Facebook-Page-Algorithms-01.JPG
昨年、iOS版Facebook公式アプリがiPhoneの電池持ちに悪影響だと判明し、大きな話題となった。その後、電池持ちが悪化する問題を修正し一件落着したと思われたが、またしても同アプリがiPhoneの電池を消耗している可能性が浮上してきた。

テックライターSamuel Gibbs氏がThe Guardianで公開した記事によると、iOS版Facebook公式アプリを「iPhone 6s Plus」からアンインストールした結果、電池持ちが15%も改善されたことを明らかにしている!

アンインストール後、電池持ちが改善し容量も大幅復活

Gibbs氏は「iPhone 6s Plus」からFacebook公式アプリをアンインストールし、代わりにSafari経由でFacebookを1週間使用。毎日決まった時間に電池持ちを測定した結果、その前週に測定した結果に対して平均して15%も電池持ちが改善されたことを報告している。

さらに、FacebookアプリはiPhoneのストレージ容量をそれなりに圧迫していることが判明。アプリ本体の容量は100MB前後だが、Gibbs氏のiPhone上では500MBも使用していたという。アプリを快適に動作させるために必要とするキャッシュなのかもしれないが、本体の4倍ものキャッシュというのは異常かもしれない。

ちなみに、僕のiPhoneを確認したところ、Facebookアプリは613MBも使用していた。「書類とデータ」で520MB使用しているとのこと。



他にもFacebookアプリをアンインストールし、Safariに切り替えたことによって同様の結果が得られたというユーザーもいることから、FacebookアプリがiPhoneの電池を消耗している可能性はありそうだ。Facebookの広報担当は原因解明を進めているとのこと。

電池持ちが悪いと批判されがちなiPhoneだが、その原因がFacebookアプリであるとしたら大問題だ。電池持ちが15%も改善されたら多少なりとも体感できるはず。

本当にFacebookアプリが必要以上に電池を消耗しているのであれば一刻も早くアップデートで修正してもらいたい。

▼iPhoneの動作を快適にする使い方やコツもチェック!
(via MacRumors

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法