「iOS 9」「OS X 10.11」に関する詳細情報が明らかに!安定性やパフォーマンスの向上が中心に

Apple WWDC 2015 【img via AppleInsider.ru

これまでiOSとOS Xは毎年アップデートされてきた。年に1回の楽しみでもあり、毎回目に見て分かるような劇的な進化をしてきた。

今年発表されるのはコードネーム「Monarch」と名付けられている「iOS 9」とコードネーム「Gala」と名付けられている「OS X 10.11」。


過去に「iOS 9」は新機能の追加よりも安定化・最適化を重視すると報じられていたが、9To5Macが得た情報によるとiOS 9」「OS X 10.11」はどちらも安定性やパフォーマンスの向上、セキュリティ面の改善が主なアップデート内容になると報じている!

「iOS 9」と「OS X 10.11」に搭載される新機能

安定性やパフォーマンスの向上がメインになるとは言え、新機能が全く無いわけではない。

一部の新機能は既に明らかになっている「iOS 9」

homekit-2.jpg
「iOS 9」に関しては「HomeKit」対応デバイスを管理する「Home」アプリの搭載や12インチ型iPad向けに「画面分割マルチタスク」や「複数ユーザーログイン」の実装、純正マップアプリの乗り換え案内機能が提供されると言われている。

両OSともに新フォント「San Francisco」を採用するとも伝えられている。

コントロールセンターが追加される「OS X 10.11」

「OS X 10.10 Yosemite」スクリーンショットがリーク!
一方、「OS X 10.11」に関してはまだ多くの情報は明らかになっていないものの、「iOS 9」ほど新機能は多くない可能性が高そうだ。

追加されることが明らかになっている新機能として、「OS X Yosemite」に搭載される予定だったコントロールセンターがある。


ただし、まだ「OS X 10.11」で提供されるかどうかは確定しない模様。またしても見送られる可能性もあるようだ。

セキュリティ面を大幅に強化

新機能を制限しパフォーマンスの向上を図るだけではなく、Appleは次期OSでセキュリティ面の強化にも注力しているとのこと。

新セキュリティシステム「Rootless」

Mac-Finder-Default-Folder-02.JPG
注目は新しいセキュリティシステム「Rootless」の導入。内部では特に注目されている、カーネルレベルの機能となっている。

マルウェアから守り、エクステンションの安全性を強化し、個人情報の漏洩を徹底的に防ぐため、「Rootless」を導入することによって一部のファイルが管理者権限レベルのユーザーでもアクセスできなくなるそうだ。

iOSとOS Xどちらも導入される見通しで、特にiOSに関してはJailbreakコミュニティにとって大打撃になるのではないかと予想されている。OS Xの場合はオン・オフを切り替えることができるとのこと。

「Trusted Wi-Fi」機能

i-o-data-wifi-reuter-6.jpg
Truseted Wi-Fi」は名前の通り、「信頼できるWi-Fi」を見分ける機能。信頼できるルーターとそうではないものを見分け、信頼できないものに関してはより厳しい暗号化をかけてユーザーの安全性を向上させる。

早ければ今年中にリリースされるが、来年まで見送られる可能性もあるとのこと。

IMAPから「iCloud Drive」に移行

iclouddrive-640x390.jpg
現在、「メモ」「リマインダー」「カレンダー」などのアプリは全てIMAPを使用して同期しているが、Appleは安全性を高めるためにそれらのアプリを「iCloud Drive」に移行させることも検討している。

古いデバイスの動作を改善

ios8-1-1-iphone4s-comparison-2.png
仕事柄、毎年買い換えなければ気が済まないiPhoneだが、人によっては「iPhone 4s」や「iPhone 5」を現役で使っている人もいる。実際、僕の周りにもそれなりの人数がいる。

これまでAppleは旧モデルを切り捨て、新しいモデルを買い換えるように促す戦略を取ってきていると言われてきたが、実は水面下では数年前のモデルでも快適に動作することを目指して最適化を行ってきた模様。

「iOS 9」はなんと「A5」チップを搭載しているデバイスをサポートするとのこと。つまり、「iPhone 4s」でも「iOS 9」が快適に動作する予定だ。

これまでのiOSバージョンは機能を限定し、採用されているチップによって使用できる機能を制限することによってパフォーマンスを確保してきたが、「iOS 9」では古いチップを搭載しているデバイスに最適化バージョンを用意しているため、今までよりも快適に動作することが期待される。

「Swift 2.0」によるアプリ容量の削減

swift-blog.png
Appleのプログラミング言語「Swift」が発表されてから1年が経とうとしている。現行のバージョンではiOS内部のコードライブラリを用意せず、Swiftを使用したアプリはアプリごとにそれを同梱する必要があった。

つまり、Swiftで書かれたアプリが多ければ多いほど容量が無駄に圧迫されてしまっていたのだ。デベロッパーもユーザーも幸せにならない!

ところがこれがついに「iOS 9」と「OS X 10.11」で変わる見通しだ。「Application Binary Interface(ABI)」と呼ばれ、OS側にコードライブラリが用意されるとのこと。

ユーザーにもメリットが多い。本体の容量を節約できるだけではなく、アプリをダウンロードする際の通信量を抑えることができる。

なお、AppleはネイティブアプリのSwift移行は今年も実施せず、来年以降に見送るそうだ。

オススメ
「OS X 10.10 Yosemite」スクリーンショットがリーク!

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  4. 25-more-hidden-ios10-features.png
    「iOS 10.2 Beta 5 / Public Beta 5」、配信開始
  5. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法