2017年のiPhone、左右が湾曲したデュアル曲面ディスプレイを搭載か?!

Iphone concept borrowed from galaxy s6 edge
実際に実現した場合、「iPhoneのGalaxy化」と言われても仕方ないだろう。

先日、「iPhone 7」の最小容量モデルが32GBになると伝え、過去にも「iPhone 6s/6s Plus」が1,200万画素のカメラを搭載することを正確に言い当てた実績を持つKevin Wang氏によると、2017年に発表されるiPhoneは「Galaxy S7 Edge」のように左右が湾曲したデュアル曲面ディスプレイを搭載するとWeiboにて報告している

湾曲ディスプレイを採用する理由は何だろう……?

それ以上の情報はなく信憑性は不明ではあるが、湾曲ディスプレイの採用は何度か噂されていることから、メジャーアップデートが予想される2017年のiPhoneには現行モデルとは似て非なるデザインが採用されていても不思議ではない。


今年のiPhoneは現行モデルと比較してそれほど大きな変化はなさそうだが、2017年のiPhoneはiPhone誕生から10周年ということもあり、大幅なモデルチェンジが行われると予想されている。他にも有機ELディスプレイの採用ワイヤレス充電の対応上下のベゼル廃止に伴うホームボタンの廃止全面ガラス製ボディなどが噂されている。

(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法