「iPhone 7」、やはり「おサイフケータイ」に対応か?!

Train Gateway 【image via sekido

ついにiPhoneでも電車に乗ったり、コンビニで買い物をしたり、自販機で飲み物を買ったりすることができるようになるかも?!

日本経済新聞およびBloombergによると、「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」はFelicaチップを搭載し、iPhoneとして初めて「おサイフケータイ」に対応する可能性が浮上してきた!

ただし、場合によっては来年に持ち越しになる可能性も

次期iPhoneの「おサイフケータイ」対応は以前も伝えた通り。今回、日本経済新聞の記事を執筆しているのは同じく石川温さん。改めて記事として公開していることからより実現により現実味が帯びてきたとかんがえられる。


JR東日本はNFCフォーラムに対しこれまでFelicaの世界標準化を目指して積極的に努力していたと伝えられている。当初は高速な処理能力を必須条件としていたものの、一部内容を変更し、見事「NFC-F」というNFCフォーラムの規格に認められた。

AppleはNFCフォーラムの一員。次期iPhoneが「おサイフケータイ」対応する可能性は高まっている。

さらに、海外メディアであるBloombergも同様の情報を報じていることから、「おサイフケータイ」対応の検討は単なる噂の域を超えて現実に起こっているとも見られるだろう。複数のFelica対応カード会社と提携することが語られているが、具体的にはSuica/PASMOの名前のみ、挙げられている。国内では他にも「楽天Edy」「iD」「nanaco」などが採用している。

Appleは今のところ9月に発表予定のiPhone 7」「iPhone 7 Plus」で「おサイフケータイ」に対応する見通しとなっているが、協議が難航した場合、来年発売予定のiPhoneに持ち越しになる可能性もあるという。

とは言え、AppleにもFelicaチップを搭載し「おサイフケータイ」対応するメリットはある。先日行われた業績発表ではアメリカやイギリスがiPhoneの売上が不調を記録する中、日本だけ順調に伸ばしている。ここに「最新モデル、おサイフケータイ対応!」というアピールポイントが加わるだけで注目度は一気に上がるだろう。

日本特有のサービスである絵文字や緊急地震速報も対応し、最近ではauソフトバンクのキャリア決済にも対応。この流れで「おサイフケータイ」対応は是非とも歓迎したいところだ。

そういえば、以前、Tim Cook氏はこのような発言をしていた。


まさかこれってFelicaのこと?!期待しちゃいますねえ!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法