「iPhone 7」、毎年恒例の「発売直後は品薄の可能性」が報じられる

IPhone 7 Plus Pro
新型iPhone、発売直後の在庫は「iPhone 6s」の時よりも少ないかも?!

Nikkei Asian Reviewによると、iPhone 7」シリーズに使用される一部パーツの供給不足が発生しているため、発売直後は品薄状態になる可能性があると報じている!

防水スピーカーとデュアルカメラモジュールが原因?

次期iPhone発売直後の在庫不足は、搭載される防水スピーカーとデュアルカメラモジュールの歩留まりの低さが原因だとYuanta Investment ConsultingのアナリストJeff Pu氏は指摘する。

2015年の下半期における「iPhone 6s」の生産台数は8,400万台だったのに対し、「iPhone 7」の生産台数は7,400万台に留まるという。

もはや毎年恒例となっている「発売直後は品薄の可能性」。これまで同様の噂が報じられなかった記憶がない。発売直後に入手したいのであれば、予約開始直後にしっかりと予約することを強くオススメする。


なお、個人的に気になっているのは品薄云々よりも「防水スピーカー」の低い歩留まりが原因の1つであるということが気になる。つまり、やはり次期iPhoneは噂されている通り防水性能が強化されていることが期待できそうだ!

カメラが強化され、防水性能が強化され、さらには「おサイフケータイ」対応も期待できそうな「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」。見た目の変化は乏しいかもしれないが、意外と「買い」な要素も多いかもしれない!

(via MacRumors

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー