光学手ブレ補正の効果はいかに?!「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の暗所における写真サンプル比較

iPhone 6 Plus・iPhone 6
どうやら「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のカメラ性能が向上しているというのは本当のようだ。先日、歴代iPhoneのカメラ性能を写真サンプルで比較した画像「iPhone 6 Plus」のみを使って撮影した動画を紹介したが、実際に「iPhone 6 Plus」を使っている身からしても最新モデルのカメラはしっかり期待に応える性能を持っているように思える。


ただ、1つなかなか見当たらないのが「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のカメラ性能比較。具体的には「iPhone 6 Plus」のみに搭載されている光学手ブレ補正の効果はどれほどあるのか、ということ。光学手ブレ補正の効果が絶大であれば、サイズが大きすぎるとしても折り曲がる危険性があっても購入に踏み切る人はいるだろう。

iMore暗い場所で撮影された「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の写真サンプルを比較していたので、紹介する!「iPhone 6 Plus」の光学手ブレ補正の効果はいかに?!

結論:確かに効果はあるが、意外と「iPhone 6」も健闘している

元記事には他にも写真サンプルが多数公開されているが、以下に暗所で「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を使って撮影された写真のサンプルを載せておく。左側が「iPhone 6」、右側が「iPhone 6 Plus」。実際にそれぞれで撮影された写真を見比べてみてどうだろうか。

Photos comparison in low light 【img via iMore

Photos comparison in low light 【img via iMore

Photos comparison in low light 【img via iMore

Photos comparison in low light 【img via iMore

Photos comparison in low light 【img via iMore

いかがだろうか。ハッキリ言って僕の目には両モデルの写真の差はほとんど無いように感じる。ろうそくの写真では「iPhone 6 Plus」で撮影された写真の方が若干明るく見えるが、それ以外は違いがよく分からない。むしろ、「iPhone 6」で撮影された写真の方が全体的に色温度が低い(赤味を帯びている)ように見える。犬の写真を見比べると特にその違いがハッキリとしている。

よって、「iPhone 6」も「iPhone 6 Plus」も思っていたほど性能差はない、もちろん、「iPhone 6 Plus」の光学手ブレ補正はこの程度の明るさではまだまだ本領を発揮でき無いという可能性も十分にある。より暗い場所で撮影した場合、ノイズが大幅に削減されているのかもしれない。

ただ、今回公開されているサンプルを見比べると、光学手ブレ補正が搭載されているからという理由で「iPhone 6 Plus」を選ぶ必要はないかもしれない。それよりも、手に持った時のサイズ感や電池持ちなどを考慮した方が良さそうだ。

他の写真サンプルは以下の元記事からどうぞ!




オススメ
low light photo comparison

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告