「iPhone 7」がオーストラリアで発火、車が炎上する事件が発生

Burning iPhone7 Australia 【image via Yahoo7 News – Australia

リコール後の端末も発火することから全世界で回収かつ生産終了となった「Galaxy Note 7」だが、なんとAppleの最新モデルでも似た事件が発生してしまったようだ。

オーストラリアのヤフーニュース「Yahoo7 News」によると、同国では買ったばかりの「iPhone 7」を車の中に放置した結果、本体が発火し、iPhone本体も車も大破するという事件が報じられている。

買って1週間しか経っていない「iPhone 7」が爆発

爆発した「iPhone 7」の所有者はMat Jonesさん。サーフィンのレッスンを受けるため「iPhone 7」をズボンに入れた状態で車に放置した結果、返ってきた頃には車内は煙が充満し、窓は真っ黒になっていたという。

Jonesさんは「iPhone 7」を買って1週間した経っていない上に本体を落としたり、海外製の充電器などは使用していないと断言。「iPhone以外、発火の原因は考えられない」と主張している。

Burning iPhone7 Australia 【image via Yahoo7 News – Australia

Appleはこの問題を認識し、原因の解明を急いでいるという。ただでさえ暑いオーストラリアの海の近くで車の中にズボンにiPhone本体を入れて放置していたとなるとそれなりに熱くなってそうではあるが、それでも発火してしまうのは大問題。

この事件でJonesさんは買ったばかりのiPhoneを失い、車も失い、泣きっ面に蜂だ。

(via 気になる、記になる…

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー