【比較】「iPhone SE」と「iPhone 5」のスペック・仕様・価格を比べてみた

4インチ型iPhone SE
iPhone 5s」は「Touch ID」がついたぐらいなのでスルー、「iPhone 6」は大きすぎてスルー、「iPhone 6s」は大きさ変わらず重くなったのでスルー。そろそろ買い換えたいと思っている人が求めているのはやはり4インチというコンパクトサイズで最新スペックを搭載しているiPhone。

それが今回発表された「iPhone SE」だ。まさに4インチサイズで最新スペックというニーズを満たすiPhoneだ。

本記事ではiPhone SE」を「iPhone 5」のスペック・仕様・価格を比較してみたので、購入を検討している人は参考にどうぞ!

Apple Online Storeで「iPhone SE」をチェック!

iPhone SE」と「iPhone 5」のスペック・仕様を比較

iPhone SEiPhone 5
プロセッサーA9(64bit)
M9(モーションコプロセッサー)
A6(32bit)
ディスプレイ4インチ(1,136 x 640ピクセル、326ppi)4インチ(1,136✕640ピクセル、326ppi)
外向きカメラ(iSight)1,200万画素
f値2.2
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
800万画素
f値2.4
LEDフラッシュ
内向きカメラ(FaceTime)120万画素
f値2.4
720p HDビデオ撮影
バーストモード
パノラマモード
Retina Flash
120万画素
f値2.4
720p HDビデオ撮影
動画撮影4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)のスローモーションビデオに対応
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
1080p HDビデオ撮影
30fps
LEDフラッシュ
BluetoothBluetooth 4.2Bluetooth 4.0
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n
Touch ID
NFC
Siri
VoLTE
3D Touch
センサー3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
指紋認証センサー
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
電池持ち通話時間:最大14時間(3G)
連続待受時間:最大10日間
インターネット利用:最大12時間(3G)
インターネット利用:最大13時間/13時間(LTE/Wi-Fi)
通話時間:最大8時間(3G)
連続待受時間:最大225時間
インターネット利用:最大8時間(3G)
インターネット利用:最大10時間(LTE/Wi-Fi)
容量16GB
64GB
16GB
32GB
64GB
縦幅123.8mm123.8mm
横幅58.6mm58.6mm
厚さ7.6mm7.6mm
重さ113g112g
カラーローズゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ホワイト/シルバー
ブラック
価格(SIMフリー、税別)16GB:52,800円
64GB:64,800円
販売終了

「iPhone 5」と言えば4年前のiPhone。こうして比較すると圧倒的な差が見られる。

まず、「iPhone 5」の頃はまだチップが32bitで「Touch ID」も非搭載。電池持ちもあまり芳しくなく、カメラの性能も今と比べると大きく劣る。

「iPhone SE」は「iPhone 6s」のスペックを搭載した「iPhone 5s」と言って過言でもない。iPhoneが大きくなってしまい、買い替えるタイミングを見失っていた人はこの機会に満を持して「iPhone SE」に乗り換えるべし!

「iPhone SE」は3月24日(木)に事前予約を受付開始し、3月31日(木)に販売開始する。

あわせて読みたい

Apple Online Storeで「iPhone SE」をチェック!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法