不調なMacに試そう!SMC(システム管理コントローラ)のリセット方法

Macbook smc reset 【img via chinnian

ここ最近、僕の愛用している15インチ型「MacBook Pro Retina」のディスプレイがちらつくという現象に見舞われていた。特に作業に支障はなかったものの、ディスプレイのちらつきはディスプレイ本体またはロジックボードに問題があることを意味する可能性があると判断し、アップルストア銀座でGenius Barを予約し、診てもらうことに。


Apple Storeのスタッフの診断ツールによるとハードウェアに特に問題は見られなかった。とは言え、画面がちらついていることは事実。担当して頂いたスタッフには「SMC(システム管理コントローラ)のリセット」を勧められた。

今回はスタッフの方に実施してもらったが、SMCリセットは誰でも行うことができるリセット方法。ただし、ある意味Macのリセット方法の中では最終手段となっていて闇雲に実施するべき方法ではない。どうしてもMacの調子が悪く、再起動などをしてもどうにもならない場合は試すべし!

以下にSMCのリセットのリセットを検討するべき条件や症状、ならびにその実施方法を紹介する!

SMCのリセットを行うが必要がありそうな症状や現象

先ほど紹介した通りSMCのリセットは「多少Macが不調かも?」程度では実施するべきリセット方法ではない。Macが重くて使い物にならない、という人はまずは以下の記事にまとめた方法を試してみるべし。


SMCのリセットは、明らかに以下のような症状が出ている場合に試すべし。以下は一部となっているので、全て確認したい場合はこちらからしっかりと確認するべし

ファンコンピュータへの負荷が高くなく、正しく通気されているにもかかわらず、コンピュータのファンが高速で回転する。
照明キーボードのバックライトが正しく機能していないように見える。
バッテリーランプがあるが正しく機能していないように見える。
ディスプレイのバックライトが周囲の明るさの変化に正しく反応しない。
電源電源ボタンを押してもコンピュータが反応しない。
ポータブル Mac の蓋を開閉したときに適切に反応していないようだ。
コンピュータが予期せずスリープ状態になったりシステム終了したりする。
バッテリーが正しく充電されないようだ。
MagSafe 電源アダプタの LED が適切な動作状態を示していないようだ。
システムパフォーマンス特に負荷がかかっていないにもかかわらずコンピュータの動作が異常に遅い。
起動時にアプリケーションのアイコンが Dock で通常よりも長くバウンドし続ける。
アプリケーション正常に機能しない、または起動後に応答しなくなる。

上記に自分のMacの状態に近い症状がある場合はSMCのリセットを試してみても良いかもしれない。以下にその方法を紹介する。

MacのSMCをリセットするための手順

バッテリーが取り外しできないノート型Macの場合

Macbook air 【img via Alejandro Pinto

まずは「MacBook Air」や「MacBook Pro」など比較的新しいノート型Macを持っている人向けのリセット方法。実際に行なっている様子を映した動画もあったので、載せておく。

  1. Macのシステムを終了し、電源を落とす。周辺機器も全て取り外す。
  2. Macを電源に繋げ、充電されている状態にする。
  3. 内蔵キーボードで「(左の)shift + control + option」を押しながら電源ボタンを押す
  4. 先ほど押した3つのキーと電源ボタンを同時に離す。
  5. 再度、電源ボタンを押してMacを起動。



バッテリーが取り外しできるノート型Macの場合

White macbook 【img via goodrob13

少し前の世代のノート型Macを持っている人は本体のバッテリーを取り外すことができるモデルかもしれない。該当する人は上記の方法ではなく、以下の方法でリセットを行いましょう。

  1. Macのシステムを終了し、電源を落とす。周辺機器も全て取り外す。
  2. MagSafe電源アダプタから外す。ここがポイント。
  3. バッテリーを取り外す。(取り外し方:MacBookの場合 / MacBook Proの場合
  4. 電源ボタンを5秒間押して、離す。
  5. バッテリーを取り付け、MagSafe電源アダプタも取り付ける。
  6. 電源ボタンを押してMacを起動する。

デスクトップ型Mac(Mac ProiMacMac mini・Xserve)の場合

iMac 【img via Jan Kraus

これまで紹介したのはノート型Macの場合のSMCリセット方法。動作不良が見受けられるデスクトップ型Macの場合は以下の手順でSMCをリセットしましょう。

  1. Macのシステムを終了し、電源を落とす。周辺機器も全て取り外す。
  2. 電源コードを本体から外して、15秒間待つ。
  3. 電源コードを本体に接続する。
  4. 5秒間待ってから、電源ボタンを押してMacを起動する。

トラブルシューティングの最終手段として活用するべし

僕の15インチ型「MacBook Pro Retina」は仕事道具だ。より長く使うためには工場に送り、しっかりと診てもらうこともできたが、手元から無くなるのはやはり痛手だ。万が一修理することになった場合は修理費約4万円が掛かると言われ、断念。

初めてAppleCare Protection Planに入っておけば良かった、と思った。Macの購入後1年間は購入できるので、Macを長く使いたいという人は加入しておいても良いかもしれない。「MacBook Air」なら2年間で月額1,000円換算。保証内容などの詳細は以下からどうぞ。

モデル価格
AppleCare Protection Plan for 15インチMacBook Pro/15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル32,800円
AppleCare Protection Plan for MacBook / MacBook Air / 13″ MacBook Pro23,800円
AppleCare Protection Plan for iMac20,800円
AppleCare Protection Plan for Mac mini10,800円
AppleCare Protection Plan for Mac Pro23,800円

Macは電子機器だ。長く使えば使うほど故障するリスクは高まる。万が一動作が不安定になったとしても、可能であれば修理に出したくはない。そしてMacは安くないので可能な限り長く使い続けたい。

冒頭にあるような症状が使用しているMacに見られる場合、Apple Storeで診てもらう前に一度自分自身でSMCのリセットを実施してみましょう!僕の場合、SMCリセット後、画面のちらつきも無くなりMacが非常に安定している。

是非お試しあれ!

あわせて読みたい


 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via Apple サポート

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!