【レビュー】実際どう?12インチ型MacBookを使って分かった11のこと

12inch The New MacBook 145
12インチ型MacBookが手元に届いてちょうど1週間が経った。普段使っている、2.02kgもある15インチ型「MacBook Pro Retina」に比べると0.92kgしかない新しいMacBookは信じられないほど軽い。外出する際のカバンも大幅にサイズダウンすることができた。


ここ1週間は意識的に12インチ型MacBookをで作業をするようにし、本当に使用に耐えられるのかを確認してきた。通常の記事更新はもちろんのこと、「今すぐに書かなければ!」という一刻を争う速報系の記事を書く際にも新しいMacBookを使ってきた。

日々使っている中で12インチ型MacBookの良し悪しが見えてきたので、今後買うか悩んでいる人のために12インチ型MacBookを使って分かったことを紹介する!

▼2016年モデルのレビューも併せてどうぞ!

大前提:僕の購入した12インチ型MacBookのスペック

12inch-The-New-MacBook-149.JPG
最初のレビュー記事でも紹介したが、改めて僕が購入した12インチ型MacBookのスペックを紹介しておく。

  • 1.3GHzデュアルコアIntel Core M(Turbo Boost使用時最大2.9GHz)
  • Intel HD Graphics 5300
  • 8GB 1,600MHz LPDDR3 SDRAM
  • 256GB PCIeベースオンボードフラッシュストレージ
  • バックライトキーボード(US)

下位モデルである1.1GHzを1.3GHzにアップグレードし、JIS配列からUS配列に変更してある。ベンチマーク結果については以下の記事を参考にどうぞ!


1. 抜群に格好良い!人目を引く完成度の高さ

新しいMacBook(スペースグレイ)を買った
真っ先に言えることは「新しいMacBookは格好良い」ということ。実際に店頭でパッと見た時も新しいMacBookの無駄の無いデザインに魅了されていたが、実際に手元に届いて改めて見てもやはり本当に格好良い。

新しいMacBook(スペースグレイ)を買った
特に僕が購入したスペースグレイモデルはかつて「MacBook “Kuro”」こと黒いMacBookを使っていた人からするとワクワクせずにはいられないはず。同じMacBookシリーズでありながら薄くなり軽くなり、性能も飛躍的に向上している。僕の中では黒いMacBookの進化系だと思っている。


2. 圧倒的にに軽い!どこにでも持ち運べるコンパクトさ

新しいMacBook(スペースグレイ)を買った
冒頭でも紹介した通り、12インチ型MaBookの重さはたったの0.92kgしかない。これまで持ち運んでいた15インチモデルよりも1kg以上軽くなっているというのは想像していたよりも快適だ。

最も恩恵を受けているのはこの季節の外出時。僕は何かあった時のために常にMacを持ち歩いているのだが、15インチを歩いているとその重さゆえ体温が上がり、ただ歩いているだけなのに汗だくになるという問題が発生する。ただでさえ暑苦しい顔をしているので、汗だくだと必然的に不快な印象を与えてしまう。

12インチ型MacBookはその半分以下の重さだ。カバンも小さくなり、肩にかけずに手提げとして持ち運べるほど軽くなったので必要以上に汗をかかずに済む。本体も薄いのでカバンの中に入れてもコンパクトに収まってくれるのは便利だ。


3. Retinaディスプレイは安定の美しさ!

12インチ型MacBookを使って分かった11のこと
今、僕の自宅にあるものはすべてRetinaデイスプレイを搭載している。外部ディスプレイも28インチの4Kディスプレイで、iPhoneもiPadもすべてRetina。

逆に言えば久しく非Retinaディスプレイを見ていないのだが、12インチ型MacBookも例に漏れず美しい高解像度ディスプレイを搭載。文字がパリっとしていることはもちろんのこと、写真を見てもパリっとしていて目に優しい。

未だに非Retinaを使っている人にRetinaディスプレイの良さを説明するのは難しいが、実際に移行した人が口をそろえていうのは「もう(非Retinaには)戻れない」ということ。Retinaディスプレイ、最高。

4. スピーカーの音が予想外に大きい!クリア!

12インチ型MacBookを使って分かった11のこと
従来のMacBookシリーズはヒンジの裏からスピーカーが反射するように配置されていたが、12インチ型MacBookはファンクションキーの上にスピーカーグリルが用意されているため、音が予想外に大きく、クリア

この小さい筐体からこれほど立派な音が出るのであれば十分だろう。音楽をMacのスピーカーで流しながら作業する人には満足度の高そうなスピーカーだ。

5. 電池持ちの現実ーー9時間は絶対に持たない

12インチ型MacBookを使って分かった11のこと
Appleは新しいMacBookの電池が9時間持つと公言していた。実際にどの程度持つのか何回か試したうちの1回は以下のような結果になった。

時刻電池残量
11:02100%、放電開始
13:1265%
14:0246%
14:2141%
15:1621%
15:3315%
15:4510%
16:005%
16:051%
16:090%、自動オフ

結果、電池が切れるまで約5時間使い続けることができた

環境としてはWi-Fiルーターがすぐとなりにある部屋で画面の明るさを半分より少し上に設定。作業内容としては普段通り記事を数本書いただけだ。

大抵の場合、Appleの公表値ほどMacの電池が持つことはほとんどあり得ないが、特に意識せずに使っていても電池が5時間持つのであれば、記事執筆程度のライトな作業であれば充電器を持ち運ばずに作業することができるだろう。十分、十分。

「そもそも作業するか分からないけど、作業したいと思った時にMacを手元に持っておきたい」という状況を想定して持ち運ぶデバイスとしては必要十分な電池持ちではないかと思う。

6. キータッチの浅さは全く問題ない!タイピングが心地良い

12インチ型MacBookと15インチ型MacBook Pro Retinaの比較
キータッチが劇的に浅くなったキーボードに関しては賛否両論あるようだ。

個人的には好きで好きで仕方がない。可能であれば今後発売されるすべてのMacにこの新しいキーボードを採用して欲しいと思うほどだ。

12インチ型MacBookを使って分かった11のこと
ただ、完璧ではない。例えば1つ1つのキーに対して用意されたバックライトのクオリティが低い。文字数の多いキーは光り方にムラがあり、単語の端が光っていないものもある。

新しいキーボードになって打ちづらくなったキーもある。多くのレビューでも指摘されているが、矢印キーの打ちづらさはいつまで経っても慣れる気配がない。どうしても上下キーを押し間違えてしまうのだ。これはきっと慣れの問題だろうと思っているので引き続き練習したい。

7. 作業する上での処理能力はそこそこ?なんとかなる

12インチ型MacBookを使って分かった11のこと
新しいMacBookを買う前から気になっていたのは、そもそも作業するためのデバイスとして活用することができるのかどうか

結論からいうと、作業機としてのパフォーマンスはまずまず。当然作業内容は選ぶが、記事を書くために使う分にはそこそこ実用に耐えられる、という結論に至った。

ハッキリと「実用に耐えられる」と断言できない理由はいくつかある。

まず、12インチ型MacBookはRAMが8GBしか搭載されていない。普段16GBのRAMを搭載している15インチ型「MacBook Pro Retina」を使っている僕からすると8GBのRAMは圧倒的にスペック不足

というのも、「Google Chrome」で最低でも10本のタブを開き、情報収集するために常時「Tweetbot for Twitter」を起動し、記事作成用に「MarsEdit」を利用している。実際のところ、「Google Chrome」を起動した時点で残りのRAMは皆無と言っても過言ではない。

この時点では「Alfred」の立ち上がりが遅くなり始める程度でそれほど影響はないのだが、「ImageOptim」で画像を複数枚圧縮しようとすると一気に動作が重くなってしまう。最近は画像を圧縮するのは最後にし、同時並行で作業をしないようにすることを心掛けることによって不満は解消されたが、正直面倒だ。恐らく搭載されているグラフィックカードが貧弱であることが理由なのではないかと思われる。

速報系の記事を書いていた時もパフォーマンスの限界は感じた。普段であれば時間差で作業を行えばいいところを、速報系になるといちいち考えていられない。ブラウザとエディタを切り替えつつ画像を圧縮するという使い方をした場合、一気にパフォーマンスが低下する。アプリの切り替えにもタイムラグが生まれ、ストレスフルだった。

とは言え、いざという時に書くためのツールとして購入した12インチ型MacBookなので、この辺りはどうするべきなのか考えておきたいところだ。

8. ファンレスなので静かだが、本体は普通に熱くなる

12インチ型MacBookを使って分かった11のこと
12インチ型MacBookは初のファンレスMacだよって、どれほど重い作業をしていてもファンが回らず、静かだ。電車や新幹線の中で知らない人の隣で作業している際にMacがブオーブオー鳴っていて恥ずかしい重いをしたことがある人は、12インチ型MacBookのファンレス設計は羨ましいのではないだろうか。

ただし、ファンが無いせいなのか、作業内容によっては本体の温度は比較的上がりやすいという印象がある。ちょっとした作業でも無駄にヒートアップする15インチほどではないが、画像の圧縮などをした後に触ると少し気になる熱さにはなっていることもある。


9. 画面が圧倒的に小さい

12インチ型MacBookと15インチ型MacBook Pro Retinaの比較
当たり前のことだが、12インチ型MacBookの画面は小さい

15インチ型「MacBook Pro Retina」に慣れている人からすると12インチディスプレイというサイズは衝撃的なほど小さかった。今でこそ慣れたが、初めて起動した時の情報量の少なさには非常に驚いた。特にブラウザ。縦方向のスクロールが増えた。

さらに、小さい画面になったことによって首の疲れが気になるようになった。15インチに比べて見下ろす角度が急になったことによって首に対する負担が増しているのだと思われる。Retinaディスプレイはディスプレイの解像度をそのまま書いても意味がないので、実際に見ている解像度を比較してみると以下のとおり:

MacBook(12インチ) MacBook Pro(15インチ)
解像度1,400×900ピクセル1920×1200ピクセル

もともと「MacBook Air」の11インチモデルなどを使っている人からすると大した問題ではないかもしれないが、普段は巨大な外部ディスプレイを使っている人でサブ機として購入を検討している人は頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれない。

10. 感圧タッチの出番は皆無

12inch-The-New-MacBook-76.JPG
この記事を書いている時に僕は気がついた。感圧トラックパッドを全く活用していないということを。

まだサードパーティ製アプリは感圧トラックパッドに対応していないということもあるかもしれないが、そもそも感圧トラックパッドを強く押すことによって呼び出せる機能が可視化されていないという大きな欠点がある。さらに言えば、感圧トラックパッドならではの機能を知らなくても従来の3本タップで補える部分も大きいというのも活用されない理由の1つだろう。

感圧トラックパッドを活用して利用できる機能は以下からどうぞ!


なお、「感圧タッチで利用できる機能が分からない」というのは「Apple Watch」でも同じ。実は画面を強く押すことによって利用できる機能がそれぞれのアプリに用意されているのだが、知らずに見過ごしている人も多い。

とは言え、iPhoneやiPadのホームボタンを2回クリックするとアプリの切り替えができることを知らない人がほとんどいないように、可視化されていない機能でも覚えておくと便利な機能であればいずれ広まり認知されるようになる。まだ感圧トラックパッドも搭載されたばかりなので、この先あることによって受けられる恩恵も大きくなると期待しよう。

11. 「USB-C」のみは意外と気にならないが、充電ポートとしてイマイチ

USB-C-VS-Magsafe-02.JPG
買った当初、「USB-C」ポート1つは間違いなく困ると思っていた。使い始めて1週間経った今、僕の使い方であれば「USB-C」ポート1つでも全く困らないことに気が付いた。

困らない最大の理由は12インチ型MacBookをメインマシーンとして活用していないからではないかと思う。つまり、外部ディスプレイに接続することもほとんどない。取り扱うファイルは基本的に各種クラウドサービスにまとめているので外付けHDDを接続する必要もない。外部機器を接続したいと思う状況には一切ならず、どちらかと言うとiPhoneやiPadのようなモバイルデバイスとして活用している。


よって「USB-C」ポートが1つしかないということに関しては実は全く不満は無いのだが、「USB-C」そのものに対しては不満しか無い。ハッキリ言って充電ポートとしては最悪だ。

新しいMacBook(スペースグレイ)を買った
MagSafeのように近づければ結合し充電を開始してくれるわけでもなく、しっかりとポートに差し込む必要がある。ポートのサイズもギリギリなので適当に差し込もうとするとポートの周りをガリガリと当てて傷つけてしまう可能性もある

充電を開始したところで現在の充電状況が分からないというのは不便だ。満充電なのかどうかを確認するためには一度画面を開かなければならない。面倒すぎる!

そして充電後、「USB-C」ケーブルを抜くのもMagSafeのようにサクッといかず、それなりの力で抜かなければならない。片手でササッと外すような手軽さはない

「USB-C」ポート1つという選択肢はiPhoneやiPadにおけるLightningポートのような位置付けだと思っていた。実際にそのような扱いにはなっているが、使い勝手はどうもイマイチだ。次期モデル以降、改善されると期待したい。

総評:MacBookは人を選ぶデバイスだが、個人的には「アリ」

12インチ型MacBookを使って分かった11のこと
ではこの新しいMacBook、「買い」なのか

予想していた通り、12インチ型MacBookは人を選ぶデバイスである。グラフィックに負担が掛かるような作業には向かないが、そうでなければ意外と何でも卒なくこなすことができる、予想以上に優秀なデバイスだ。

12インチ型MacBookのメリットは薄く、軽く、格好良いということ。性能もそこそこで、個人的には新しいキーボードは最高に使いやすい。11インチ・13インチの「MacBook Air」と比べられることも多いが、Retinaディスプレイという素晴らしいディスプレイを搭載しているのは12インチモデルだけだ。

逆にデメリットとしては性能が今ひとつ突き抜けていないということ、そして性能の割には価格が高いということ。拡張性にはある意味長けているが充電ポートとしての使い勝手は最悪な「USB-C」を採用しているということ。本体がコンパクトである分、画面が狭いということ。

こうしてメリット・デメリットを洗い出してみると意外とメリットの方が多いということに気付く。価格が少々高いということを除けば魅力たっぷりのデバイスなのだ。

12インチ型MacBookを買うべきか。上記で挙げたデメリットを許容できるのであれば、僕が使用している1.3GHzにカスタマイズしたモデルは「買い」だと思っている。

クリイエティブな作業ではなく、Officeなどのビジネスアプリケーションを活用する人や、Facebookのタイムラインを眺めつつYouTubeを楽しみたいという人にはなかなか良いマシーンだ。画面も美しいので細い文字も流れる動画も見やすいはず。

発売される前に僕は12インチ型MacBookは未来を提示したApple渾身のネットブックであると書いた。実際に新しいMacBookを手にした今、改めて読み返してみても12インチ型MacBookは確かに「Apple渾身のネットブック」だと感じる。

ただ、かつて話題になった「ネットブック」とは訳が違う。しっかりと作業もこなせる、見た目がオシャレで格好良い最先端のノートブックだ。

12インチ型MacBookを買って良かった!これからもガツガツ活用するよ!



 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!

オススメ
MacBook-12-Review-Usage-19.JPG

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. amazon-go.png
    精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 25-more-hidden-ios10-features.png
    「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. YoT_JP_1_TPM.001.jpeg
    Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法