「OS X Mavericks」が動作するMacで電池を消耗しているアプリケーションを確認する方法

MacBook Battery Amount 【img via Apple Aluminum MacBook (Late 2008) by William Hook

インストールするだけで電池持ちが大幅に改善されることが実証された、「OS X Mavericks」。

OSレベルでもバッテリーの消耗を抑えることができているが、1回の充電でより長時間使い続けるためには電池を消耗するアプリケーションの使用を避けるのが得策。リリース前にも紹介しているが、「OS X Mavericks」では電池を消耗しているアプリケーションを確認することができるので、その方法を紹介する!

バッテリーメニューから「電池喰いアプリ」をチェック!

確認方法は簡単!バッテリーのアイコンをクリックするとバッテリーを異常に消耗しているアプリが一覧で標示される。僕の場合は「Google Chrome」がMacBook Airの電池を喰っているようだ。コノヤロー!
電池持ち OS X Mavericks
アプリケーション名をクリックすると「アクティビティモニター」が起動し、「エネルギー消費」が確認できる。こう見るとChromeの消費量はずば抜けているな…。
電池持ち OS X Mavericks
外出先でしばらく充電ができない時に知っておきたい「Macのエコ運転」!充電せずに長時間Macを使用したい場合は電池を消耗しているアプリケーションをチェックするべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告