Apple京都の店内・外観が初披露ーー8月25日にグランドオープン

NSO Kyoto exterior store 08222018

2018年8月25日(土)のグランドオープンに先立ち、Appleは「Apple 京都」の店内および外観の写真を公開している。

オープンする場所は、日本の文化とテクノロジーの中心地である京都・四条通。京都の著名な寺社が周辺に多く集まるこの通りは、1600年代より京都という都市の目抜き通りとしてとして栄えてきたという。

今後数年で複数の新規店舗のオープンと既存店舗のリニューアルを計画

「Apple 京都」のデザインは、京都という町ならではの意匠と素材から着想を得ている。

2階の部分は、日本の行灯からインスピレーションを受け、薄く透けた建具で囲まれて、灯りがともるようなデザインを採用。ファサード上部には日本の伝統的な木造家屋と障子をイメージして、格子と和紙を思わせる素材をあしらっている。

NSO Kyoto new multilevel interior 08222018

NSO Kyoto Today at Apple 08222018

本日23日、メディア向けの内覧会が実施されているが、2階へと繋がる階段は「Steve Jobs Theater」にある、地下への階段と同じ人口代理石のものを使用しているとのこと。手すりやスロープも全く同じらしい。

一般向けに開放されているのは1階と2階となっていて、3階にはAppleとの法人としての商談がある場合にのみ利用される会議スペースが用意されている。ここはApple Parkの取締役室と同じ構成になっているとのこと。

Macお宝鑑定団BlogのDANBOさんいわく、この商談スペース(ボードルーム)は日本初の設置とのこと。

建物の中央部にあり複数階にまたがる吹き抜けのアトリウムでは、写真、音楽、プログラミング、その他をテーマとする無料講座、Today at Appleのセッションが毎日開催される。

なお、Appleは日本国内の直営店を拡大している最中にあり、今後数年を掛けて、複数の新規店舗のオープンと、その他の既存店舗のリニューアルを計画していると説明している。

年内には1店舗のオープンが予定されているが、来年以降も新店舗のオープンやリニューアルが期待できそうだ。

あわせて読みたい