Canon、広角単焦点レンズ「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」を発表

全長約63.1mm、質量約270g。最大撮影倍率0.5倍、最短撮影距離0.14mのハーフマクロに対応

RF24mm f1 8 MACRO IS STM 01

Canonは7月12日、RFレンズの新製品として広角単焦点レンズ「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」を発表した。2022年8月下旬に発売を予定している。

「RF24mm F1.8 MACRO IS STM」は、F1.8の明るい開放絞り値により、背景や手前を美しくぼかした描写や、大きな玉ボケを生かした表現を楽しめる。また最大撮影倍率0.5倍最短撮影距離0.14mのハーフマクロ撮影機能を備え、焦点距離24mmの広い画角を生かしたワイドマクロ撮影が可能だ。

RF24mm f1 8 MACRO IS STM 02

レンズは、1枚の「プラスチックモールド非球面レンズ」と1枚の「UDレンズ」を含む9群11枚の光学設計。全長約63.1mm、質量約270g。小型・軽量を実現している。

RF24mm f1 8 MACRO IS STM 03

レンズ内光学式手ブレ補正機構により、5.0段の手ブレ補正を搭載。ボディー内手ブレ補正機構を搭載するEOS Rシリーズカメラとの協調制御に対応し、EOS R5装着時は6.5段の手ブレ補正効果を発揮する。

RF24mm F1.8 MACRO IS STMの商品仕様

商品仕様
レンズ構成 9群11枚
絞り羽根枚数 9枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.14m
最大撮影倍率 0.5倍
フィルター径 52mm
最大径×長さ 約φ74.4mm×63.1mm
質量 約270g
ギャラリー
関連キーワード
公開情報
更新日2022年07月12日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:629960)

    R7、R10向けの35mm単焦点(35mm換算)も兼ねてる感じですかね?

「レンズ」新着記事
トレンド検索