Google “Chrome OS”のトォージョー!

Google、「Chrome OS」 お披露目

Google、とうとうやってくれちゃいました!!!これは興奮するね。

映像の最後の方が見れなかったのだが、方向としてはWebアプリのみしか利用できないOSにするらしく、ブラウザベースなUIを検討しているみたいで、アプリケーションの起動も全て今のGoogle Chromeのような画面から起動するようだ。

Chrome OSで利用できるアプリケーションは、すべてウェブ・アプリケーションだ。ローカルで作動するアプリケーションは一切サポートされない。これでさまざまな問題が極めてシンプルになる。コンピュータ上にあるアプリケーション・プログラムはカスタマイズされたブラウザだけだ。それ以外のアプリケーションもデータもすべてクラウド上にある。これがカギとなるコンセプトだ。われわれはパーソナル・コンピューティングを完全にクラウド化する。だから、たとえばユーザーがマシンを紛失したとしても、単に新しいハードウェアを買えばすぐに仕事を再開することができる。すべてがインターネット上にあるのでセキュリティーに対するアプローチもまったく異なったものとなる。これほど高度なセキュリティーが実現できたシステムは他にない。Chrome
OSではユーザーは実行可能なプログラムをいっさいインストールできない。したがって悪質なプログラムを発見することがはるかに簡単になる。ブラウザのセキュリティーだけを考えればよいからだ。

何よりも感動的だったのがメモ帳を起動し、文字を記入すると、自動的にGoogle Docsに保存されるということ。あのスピーディな保存は素晴らしい。クラウドコンピューティングを初期の頃から目指していたGoogleであるからこそなんともGoogleらしいOSの出来上がりとなった。

まだこの映像は現時点でのもので、出来上がった状態はこれとは全く違うものが出てくるだろう、と話しているので、ここからさらにどう変わっていくのかが興味深い。Googleだからこそ、Windows、OSX、各種Linuxなどの現OSと肩を並べられるようなOSの登場を是非とも期待したい。

あわせて読みたい