1.5TBのRAMを搭載したMac Pro 2019は、Google Chromeでタブを最大何個開けるか検証した動画が公開

YouTuberのJonathan Morrison氏が検証、24時間以上CPU28コアををフルパワーで動作させてもクラッシュしなかったことに驚き

MacPro vs 1 5GB of RAM

Mac Pro(2019)のメモリ(RAM)は、最大1.5Tのまでアップグレードできる。メモリを浪費することに定評がある「Google Chrome」で新規タブを開き続けた場合、最大何個まで開くことができるのか。YouTuberのJonathan Morrison氏が検証した。

Mac Pro(2019)は、128GBのDDR4 ECCメモリを12枚挿すことで最大1.5TBのRAMを搭載することができる。検証でMorrison氏が使用したメモリは、OWC製。CPUは、2.5GHzの28コア「Intel Xeon W」プロセッサを搭載している。

Macpro ram apple
Apple公式サイトより

「Final Cut Pro」や「Safari」など、他にも複数のアプリケーションを開いた状態で、Morisson氏はAutomatorを使用することで、「Google Chrome」の新規タブにウェブサイトを自動的に開き続ける状態を作ることに成功。

6000 tabs open on google chrome

この時、Mac Pro(2019)は24時間以上稼働した状態で一度もクラッシュしていない。CPUは常にベースクロックを上回る3.0GHz前後で動作し、28コアの使用率は100%だったと報告している。

タブが6,000個を突破し、使用メモリも約1.43TB(1,430GB)を超えたところでタブに動作不良が発生。アクティビティモニタで問題が起きていたタブの強制終了を試みたものの「Google Chrome」がクラッシュし、検証も強制終了。

Google Chrome」では約6,000個のタブでクラッシュしてしまったが、「Safari」や「Firefox」、そしてChromiumベースになった「Microsoft Edge」などで同様の検証を見てみたい。

関連キーワード
カテゴリGoogle Chrome
/
Mac Pro
コメントを残す(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(2件)
  1. 通りすがりの読者

    私はiMac Pro使ってるんですけど、グルグルの状態になった時はメモリ128しか無いのに400GBとか使ってたり….頑張ればもっといけるのでは笑(分からんけど笑)

    1. g.O.R.i

      128GBしかなくて400GB使っているっていうことはスワップ使っているってことですよね!この動画ではスワップするまでどれだけのタブ数が耐えられるのか、というのを検証した動画のようなので、スワップも含めたら更に多くのタブを開けるでしょうね……。

      ソテにしても400GBもChromeのタブで何をするんですか……!?ゲームとか……?

「Mac Pro」新着記事
トレンド検索