「iPhone 7」、海外モデルもFeliCaチップを内蔵していることが判明

Nfc controller

「おサイフケータイ」機能に対応する「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」は日本モデル限定だと言われていたが、どうやらハードウェアレベルでは違うようだ。

iFixitおよびChipworksの分解レポートによると、日本版「iPhone 7/7 Plus」に限らず海外版「iPhone 7/7 Plus」にもFeliCaチップが内蔵されたNFCチップが搭載されていることが明らかになった!

国内版も海外版もNFCチップはすべてNXPの「67V04」

iFixitでは日本モデルを、Chipworksでは海外モデルを分解。どちらにも同じNFCチップが搭載されていることが判明していることから、海外版「iPhone 7/7 Plus」にもFeliCaチップは内蔵されていると予想される。

iFixitは日本向けの「iPhone 7 (A1779)」と「iPhone 7 Plus (A1785)」を、Geekbarは米Verizonや中国・香港向けの「iPhone 7 (A1660)」を、Chipworksは米AT&Tや欧州向けの「iPhone 7 (A1778)」をそれぞれ分解しており、搭載されているNFCチップは全てNXPの「67V04」でした。

この「67V04」というチップの詳細は不明ですが、FeliCaとNFC準拠のType A/Bの両方に対応したチップとみられています。

via 「iPhone 7」、海外版にも日本版と同じFeliCa対応チップが搭載されていた事が明らかに | 気になる、記になる…

ということは、10月に国内で「Apple Pay」がサービス開始した際には海外モデルでも利用できるかというと、そういうことではないらしい。現在、FeliCaの利用は日本国内モデルのみ総務省の認可を取得。日本モデルのみ背面に「総務省指定」と書かれているのはこのFeliCa利用を許可するためのもの。よって、ソフトウェアアップデートで突然利用可能になる可能性も低そうだ。

2020年は東京オリンピックだが、その頃には外国人が国内でFeliCaが利用可能になることはあるのだろうか。


(via 気になる、記になる…

もっと読むiPhone 7まとめ
もっと読むiPhone 7 Plusまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読