iPhone SE レビュー iPhone 6s、iPhone 6s Plusと徹底比較

「使いやすい」のはどれ?使い勝手を比較

スペックだけで比較するとやはり「iPhone SE」は「iPhone 6s」と肩を並べるほど、とまでは言えないものの、4インチ型iPhoneを待ちわびていた人にとっては十分すぎる性能を持つデバイスであるとうことは言えるだろう。

iPhone 5s」を持っていて4インチ型iPhoneが新しくなるのを待っている人にとってはもう悩む必要は無いだろう。ただ、4.7インチサイズが気になるという人、いっそのこと最も大きい5.5インチも視野に入れたいという人は実際の使い勝手や操作性が気になるのではないだろうか。

実際、4インチ・4.7インチ・5.5インチと並べてみるとサイズ感は大分異なる。そこで、ここからはiPhone SE」の持ちやすさや片手入力のしやすさ、画面に表示される情報量などを紹介しておく!

グリップ感比較:手に収まるって素晴らしい

IPhone SEのグリップ感

iPhoneに限らずスマートフォンにおいて大事なのは持ちやすさ。手に収まるという意味では「iPhone SE」に勝るサイズはないだろう。しっかりとホールドすることができる安心感がある。

ポケットのフィット感比較:小さいと動きやすい、邪魔にならない

IPhone SEはタイトなジーンズにねじ込める

ポケットに入れた時に邪魔にならない「iPhone SE」は偉大だ。タイトなジーンズにねじ込みたい場合はもちろんのこと、少しアクティブに過ごしたい時や僕のようにジョギングしたい時は4インチというサイズのコンパクトさには感動した。

もちろん、本体が軽いということも大きいだろう。「iPhone 6s」は143g、「iPhone 6s Plus」は192gもあるが、「iPhone SE」はたった113g。「iPhone 6s Plus」のズッシリ感に慣れている僕は度々ポケットに入れていることを忘れてしまうこともあった。

操作のしやすさ比較:4インチというサイズの圧倒的な勝利

iPhone 6s Plus」で片手打ちはできなくはないが、右手で持った時に1番左の列にあるキーを左方向にフリックしようとするのは難しい。「iPhone SE」は余裕で打てるが、逆に各キーがこれまでよりも小さくなり1つ1つのボタン幅が狭くなっていたため、慣れるまでタイプミスは多かった。

https://vine.co/v/itvHWuMFpVT

片手による文字入力という観点だけで言えば「iPhone 6s」が最も打ちやすい。

ホーム画面の操作に関しては「iPhone SE」が最も使いやすく、握ったまま画面内にあるアイコンをどれでも触ることができた。「iPhone 6s」でさえもさすがに持ち手の体格にあるアイコンは多少持ち替えないと触ることができない。言うまでもなく「iPhone 6s Plus」は持ち替えなければ無理だ。経験上、場合によっては片手で操作できない場合もある。

表示される情報量比較:4インチという懐かしい窮屈さ

「iPhone SE」ってどう?「iPhone 6s/6s Plus」と徹底比較

4インチという画面はハッキリ言って狭い。特に5.5インチディスプレイを使っていた僕からすると4インチは窮屈すぎて仕方がない。文字も全体的に小さくなり、人によっては見づらいと感じるだろう。

gori.meを表示した時でも表示領域の違いが十分に分かると思うが、参考に「SmartNews」アプリを開いた時の表示領域の違いも載せておく。「iPhone 6s Plus」に慣れている僕が「iPhone SE」の画面を窮屈に感じることもきっと分かってもらえるだろう。

IPhone SEの表示領域

「iPhone SE」を2週間以上使ってみた感想

スペック表で分かる性能差を実際に比較してみたのがこれまで。ここからは実際に僕自身が「iPhone SE」を使ってみた結果感じたことをまとめてみた。

コンテンツによってデバイスを積極的に使い分けるように

IPhone SE and 9.7inch ipad pro

「iPhone SE」はコンパクトで持ち運びしやすい一方で、その画面の小ささゆえに「iPhone SE」では十分に楽しめないコンテンツがあることに気がついた。動画はもちろん、長文の文章や一覧性を必要とするニュースアプリは「iPhone SE」の小さい画面ではスクロールが疲れる。この記事も「iPhone SE」で読んだとしたら指にスクロールタコができるかもしれない。

そこで、僕は自然と同時期に購入した9.7インチ型iPad Proを活用する機会が増えた。さすがに混んでいる電車内などでは出さないが、座ることができた時やカフェに入って一休みしたい時は「iPhone SE」はポケットから出さずにiPad Proを出すことが増えた。

逆に言えば「iPhone SE」はiPad Proとの相性は抜群かもしれない。コンテンツ消費するためにはiPadを取り出し、素早く発信するときには「iPhone SE」を取り出し片手でササッと投稿する。長い文章を書きたい時はiPad ProにSmart Keyboardを取り付けカタカタと打つ。この組み合わせはある意味最強だ。

あわせて読みたい

Apple Watchを見る頻度が増え、iPhoneを見る頻度が減った

IPhone SE annd apple watch

発信したい時にだけ「iPhone SE」を取り出す。僕のスマホ中毒から解放してくれる良き流れかと思ったが、その代わりにApple Watchを眺める頻度が上がったような実感がある。これまではiPhoneをポケットに入れたまま座ると落ち着かなかったので机の上に置くことが多かったが、「iPhone SE」にしてからはポケットに入れたままにすることが増えた。

「iPhone 6s Plus」では通知を受信したことをApple Watchの振動で知り、Apple Watchを見ずにiPhoneを確認していたが、「iPhone SE」に変えてからはApple Watchで通知内容を積極的に見るようになった。これは僕の中で起きた不思議な変化だった。

あわせて読みたい

タイトなジーンズもねじ込めるコンパクトサイズは正義

「iPhone SE」を2週間以上使ってみた感想

やはりiPhoneは常にポケットに入れておきたい。「iPhone 6s Plus」は一応ポケットには入るが、とにかく大きい。サイズもさることながら192gという重さはハッキリ言ってポケットに負担が掛かっているとしか思えない。ケースも欠かせないので僕が持っているあらゆるデニムの右ポケットは履く度に悲鳴を上げていただろう。

その点、「iPhone SE」のコンパクトさは素晴らしい。私服の時はまだしも、特にそのサイズが魅力的に思えるのはスーツ着用時。胸ポケットに入れても邪魔にならず、型崩れしない。「iPhone 6s Plus」ではまずあり得ない。コンパクトサイズは正義だ。

128GBに慣れていると64GBという容量が足りない

良いことばかりの「iPhone SE」だが、不満点もある。それは容量不足。

これまで128GBモデルを使ってきた僕としては64GBは物足りない。特に4K動画の撮影に対応した1,200万画素カメラを搭載しているのにも関わらず128GBモデルを用意しなかったのは不思議でならない。

僕はiCloudフォトライブラリを使って写真を全てのデバイスに同期しているのだが、64GBという容量制限ゆえ、古い写真や撮るだけ撮った動画を片っ端から削除し、なんとか64GB以内に抑えることができた。128GBあればその必要がなかったと思うと惜しい。

片手で操作できるのは快適だけど、何もかもが小さい!小さすぎる!

4インチディスプレイは小さい。いくら「iPhone 6s」と同じスペックを持っていてもその事実には変わりない。

実は、一度に表示できる情報量が少ないことに関する不満はなかった。それよりも表示される情報の文字が小さくなるということが非常に不便だった。

IPhone SEの文字サイズが小さすぎる件

僕は暇さえあれば「Google Analytics」アプリを開いてリアルタイムを確認しているのだが、「iPhone SE」で見るとその文字が異常に小さい。普段「iPhone 6s Plus」なら余裕で読めるはずの距離でも少し目をしぼめなければ読めないレベルには小さい。

画面の小ささゆえ、写真を撮る時に窮屈さを感じる

やはり写真は大きい画面で見た方が迫力がある。これは見るだけではなく、写真を撮る時にも言えることだと分かった。

こちらが「iPhone 6s Plus」で撮影しているところ。
「iPhone SE」ってどう?「iPhone 6s/6s Plus」と徹底比較

「iPhone 6s」でも十分だ。むしろ非常に程良い。
「iPhone SE」ってどう?「iPhone 6s/6s Plus」と徹底比較

ところが「iPhone SE」になると途端に物凄く狭く感じる。これは「iPhone 6s Plus」を普段使っているからなのかもしれないが、「iPhone SE」で写真を撮るのがつまらなく感じた
「iPhone SE」ってどう?「iPhone 6s/6s Plus」と徹底比較

片手打ちは最高だが、両手打ちは手狭

確かに「iPhone SE」は片手で打つには最高のデバイスだ。ただ、僕はもともと基本的両手打ち。「iPhone 6s Plus」の巨大ディスプレイから「iPhone SE」に戻してから両手打ちがしづらくなり、片手でも打ちなれないので結果的に文字数の多い文章を打つのが面倒になってしまった。

特に英字キーボードは極めて難易度が高い。英語を打っている分には自動的にスペルチェックで修正してくれるのでそれほどストレスは無いが、ちょっとした横文字を打とうとした時には打ちミスを連発してしまった。
IPhone SE keyboard

日本語用テンキー配列も同じ。片手で打つには最高の大きさだが、両手打ちをするには手狭
IPhone SE keyboard

古いiPhoneを使っている風に見えることから感じる時代遅れ感

IPhone SE keyboard

「iPhone SE」は電池持ちも良く、外向きカメラは最新モデルと変わらないクオリティ。片手で使う分には絶妙のサイズでポケットに入れたまま生活も容易い。Apple WatchやiPad Proも有効活用でき非常に気に入っていた。

ただ、どうしても気になる点があった。それは見た目が「iPhone 5s」そのままだということ

確かに「iPhone 5s」は完成度の高いデザインで僕も嫌いではない。ただ、「iPhone 5s」は3年前の端末だ。「iPhone SE」を使っているとなぜか時代に取り残されてしまった感が否めない。気にしなければ全く問題のないことだが、僕はどうしても気になってしまっていた。

特集
公開情報
更新日2020年04月13日
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:562525)
    コメント先:YO(コメントID:562524)
    どの機種にしようか迷っているので、本当に役立つレビューです!!

    ありがとうございます!何日もかけて書いた甲斐がありました(^^)

  2. YO(コメントID:562524)

    どの機種にしようか迷っているので、本当に役立つレビューです!!

  3. g.O.R.i(コメントID:560077)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:560076)
    わかりやすいレビュー記事、参考になりました。

    おお、良かったです!ありがとうございます!

  4. 通りすがりの読者(コメントID:560076)

    わかりやすいレビュー記事、参考になりました。

「iPhone SE」新着記事
トレンド検索