iPhone SE レビュー iPhone 6s、iPhone 6s Plusと徹底比較

iPhone-SE-Outdoors-photos-02.jpg

iPhone SE」が「最強の4インチ型iPhone」であることは分かるが、果たして「自分が買うべきiPhone」なのだろうか。

今、iPhoneの最新モデルは4インチ型「iPhone SE」、4.7インチ型「iPhone 6s」、5.5インチ型「iPhone 6s Plus」の3種類。これからiPhoneを新規購入または機種変更しようと思っている人にとって非常に悩ましい選択肢だろう。

何せ、半年後には「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」が登場する可能性が高い。それを踏まえた上で今買い換えるべきか、買い換えるならどの端末にするべきか、SIMフリーにするべきかキャリアにするべきかなど悩みは尽きない。

今回は「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換え結果的に「iPhone 6s Plus」に戻った僕が「iPhone SE」を購入して2週間以上使い続けた結果、感じたことをまとめた。スペックやベンチマークスコアの比較、使い勝手やカメラ性能を実例で比べてみたので購入の参考にどうぞ!

スペック・仕様・価格・ベンチマークを徹底比較

まずは「iPhone SE」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」のスペックを比較しておきましょう。「iPhone 5s」の外観を持ち、「iPhone 6s」の内部スペックを持つと言われている「iPhone SE」だが、その実力はいかに!

「iPhone SE」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」のスペック・仕様

iPhone SE iPhone 6s iPhone 6s Plus
プロセッサー A9(64bit)
M9(モーションコプロセッサー)
ディスプレイ 4インチ
1,136 x 640ピクセル
326ppi
4.7インチ
3D Touch搭載
1,334✕750ピクセル
326ppi
5.5インチ
3D Touch搭載
1,920✕1,080ピクセル
401ppi
外向きカメラ
(iSight)
1,200万画素
f値2.2
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
1,200万画素
f値2.2
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
光学式手ぶれ補正
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
内向きカメラ
(FaceTime)
120万画素
f値2.4
720p HDビデオ撮影
バーストモード
パノラマモード
Retina Flash
500万画素
f値2.2
720p HDビデオ撮影
バーストモード
パノラマモード
Retina Flash
動画撮影 4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)のスローモーションビデオに対応
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
Bluetooth Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
RAM 2GB
Touch ID
(第1世代)

(第2世代)
NFC
Siri
VoLTE
4G LTE-Advanced
MIMO
センサー 3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
指紋認証センサー
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
指紋認証センサー
電池持ち 通話時間:最大14時間(3G)
連続待受時間:最大10日間
インターネット利用:最大12時間(3G)
インターネット利用:最大13時間/13時間(LTE/Wi-Fi)
通話時間:最大14時間(3G)
連続待受時間:最大10日間
インターネット利用:最大10時間(3G)
インターネット利用:最大10時間/11時間(LTE/Wi-Fi)
通話時間:最大24時間(3G)
連続待受時間:最大16日間
インターネット利用:最大12時間(3G)
インターネット利用:最大12時間(LTE/Wi-Fi)
電池容量 1,624mAh 1,715mAh 2,750mAh
容量 16GB
64GB
16GB
64GB
128GB
縦幅 123.8mm 138.3mm 158.2mm
横幅 58.6mm 67.1mm 77.9mm
厚さ 7.6mm 7.1mm 7.3mm
重さ 113g 143g 192g
カラー ローズゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
価格(SIMフリー、税別) 16GB:52,800円
64GB:64,800円
16GB: 86,800円
64GB: 98,800円
128GB: 110,800円
16GB: 98,800円
64GB: 110,800円
128GB:122,800円

確かに言われていた通り「iPhone 6s」の内部仕様と一致している部分も多いが、「iPhone 5s」から変わっていない内部仕様も少なくない。

プロセッサーは「iPhone 6s」と同じ。外向きカメラも同じ1,200万画素で4K動画撮影に対応しているが、内向きカメラは残念ながら120万画素のまま。意識的に使うことはあまりないが、気圧計も搭載していない。

容量は16GBと64GBの2モデル展開。カラバリは同じだが、他の購入者の写真を見る限りではローズゴールドの色合いが少し異なるようだ。

「iPhone SE」の「Touch ID」は第1世代。つまり、認証完了するまでワンテンポあるが、そのお陰でホームボタンを押して通知内容を確認する余裕がある。確かに認証速度は劣るが、そのワンテンポ遅れることによってストレスは全くない。

「GeekBench 3」によるベンチマークスコア比較

IPhone SE Benchmark Testing

続いてベンチマークスコアを比較してみることに!まずはベンチマークテストアプリとして王道の「Geekbench 3」で性能を測定してみることに。CPUおよびバッテリのベンチマークに特化したベンチマークアプリであるため、端末のブレインがどれほど優秀なのかを知ることができる。

「iPhone SE」の結果は以下の通り。シングルコアスコアが「2516」、マルチコアスコアが「4384」。RAMは2GB。「iPhone 5s」以下の機種から買い替えの人はその快適さに驚くだろう。

参考として、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のスコアを載せておく。

「iPhone 6s」のシングルコアスコアは「2540」、マルチコアスコアは「4411」。「iPhone 6s Plus」のシングルコアスコアは「2516」、マルチコアスコアは「4391」だった。厳密な数値を比較すると「iPhone 6s/6s Plus」を僅かに下回っているかもしれないが、実質同じスペックであることが分かる。

処理能力は「iPhone 6s/6s Plus」と同じ

処理能力単体だけを見れば「iPhone 6s」とほぼ完全一致。4K動画の撮影と編集などもこなせるパワーの源は「iPhone 5s」から大幅に性能が強化された「A9」チップのお陰。RAMが2GBになったこともあり、全ての操作がサクサクで快適だ。

あわせて読みたい

「GFXBench GL 3.1」によるベンチマークスコア比較

IPhone SE Benchmark Testing

続いて3Dグラフィックの性能を測定する「GFXBench GL 3.1」によるベンチマークテスト結果を紹介する。

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のベンチマークスコアと比較してみよう。左縦1列が「iPhone 6s」、右縦1列が「iPhone 6s Plus」。見比べづらいが、数値としては「iPhone 6s」とほぼ同じ。一部数値は「iPhone SE」の方が上回っていることもあった。

グラフィック性能も「iPhone 6s」に負けず劣らず

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の比較記事では「iPhone 6s」の方がグラフィック性能が高いと結論づけたが、今回の測定結果から分かったのは「iPhone SE」も「高レベルテスト」など一部測定内容では「iPhone 6s」さえも上回るスコアを出しているということ。

やはりディスプレイサイズが大きくピクセル数も多い4.7インチモデルや5.5インチモデルよりもディスプレイサイズが小さくピクセル数が少ない4インチモデルの方がグラフィック性能上有利なのかもしれない。

「JetStream」によるベンチマークスコア比較

IPhone SE Benchmark Testing

最後にSafariにおけるJavascriptのレンダリング速度を測定するウェブ上のベンチマークツール「JetStream」でベンチマークスコアを測定してみることに。

IPhone SE Benchmark Test JetStream

上記の通り「iPhone SE」は「107.48」というスコアに。一方、「iPhone 6s」は「117.80」、「iPhone 6s Plus」は「116.73」だった。

「iPhone SE」、「iPhone 6s/6s Plus」を下回る結果に

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」とは多少の数値差が出ているが、実際に使ってみてもその差はそれほど体感できない。実際に「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」と並べて同じウェブサイトを同時にタップして検証してみたが、僕の試した限りでは読み込み速度の差はほとんど見られなかった。

gori.meの最新情報をチェック!!