「現在のセキュリティ設定では、システム機能拡張のインストールは許可されていません」の対処法

M1 MacBook Proのセキュリティレベルを落とすことで解決、避けられるのであれば避けたほうが安全・安心

System Security for M1 Mac settings

子供用のデジタル端末を使用するために、専用のアプリケーションをダウンロードした上で、コンテンツを端末に移す必要があった。M1 MacBook Proで作業を進めていたところ、「現在のセキュリティ設定では、システム機能拡張のインストールは許可されていません」のエラーメッセージに遭遇した。本記事では、M1 Macを使った対処法を解説する。

システム終了後、セキュリティポリシーを変更する必要あり

エラーメッセージは、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」タブに表示された。
System Security for M1 Mac settings 02

「システム機能拡張を有効にする」をクリックすると、「システム機能拡張を有効にするには、復旧用環境でセキュリティ設定を変更してください」が表示される。
System Security for M1 Mac settings 01

具体的な手順は以下のとおり。

  1. システムを終了する
  2. Touch ID/電源ボタンを押したままにし「起動セキュリティユーティリティ」を起動する
  3. 「セキュリティポリシー」ボタンからカーネル機能拡張を有効化する

詳しい内容は、Appleのサポートページ「システム機能拡張と macOS について」や「起動セキュリティユーティリティについて」に記載されている。あわせて参考にしてもらいたい。

起動セキュリティユーティリティを起動、ポリシーを変更する方法

手順1:Touch ID/電源ボタンを長押し

システムを終了した上で、Touch ID/電源ボタンを長押しし、起動オプションを表示する。
Changing Security Policy on Mac 01

手順2:macOSの復旧画面を表示する

システム環境設定のアイコンをクリックし、「続ける」で次へ進む。
Changing Security Policy on Mac 03

手順3:起動セキュリティユーティリティを起動する

macOSの復旧画面が表示される。画面上に表示される選択肢は選ばず、メニューバーの「ユーティリティ」から「起動セキュリティユーティリティ」をクリックする。
Changing Security Policy on Mac 04

Changing Security Policy on Mac 05

手順4:セキュリティポリシーを変更する

システムを選択し、「セキュリティポリシー」をクリック。アカウントのパスワードを入力する。
System Security for M1 Mac settings 04

デフォルトでは「完全なセキュリティ」が指定されている。
System Security for M1 Mac settings 05

「現在のセキュリティ設定では、システム機能拡張のインストールは許可されていません」を解消するには、「低セキュリティ」を選択する必要がある。チェックボックスはどちらも有効化した状態にした。
System Security for M1 Mac settings 06

手順5:再起動する

完了後、左上のAppleロゴからシステムを再起動する。Changing Security Policy on Mac 09

システム環境設定を開くと、「システム機能拡張のキャッシュを再構築します」と表示されるが、しばらくすると消える。作業は以上で完了だ。
System Security for M1 Mac settings 03

「現在のセキュリティ設定では、システム機能拡張のインストールは許可されていません」は、Mac全体のセキュリティレベルを下げることで突破できる。僕は子供のデジタル端末にコンテンツを移行するためにMacのセキュリティを下げたが、新コンテンツを購入しない限り作業は不要。都度設定を変更するのは手間だが、作業後すぐに設定をもとに戻した。

常時使用するアプリケーションやツールでない限り、デフォルト状態の「完全なセキュリティ」にしておくことをおすすめする。

関連情報
更新日2021年05月25日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索