MacBook日記1日目ーー12インチモデルのみで仕事をこなす

2016 MacBook 1.3GHz

僕は15インチ型「MacBook Pro 2016」をメインマシーンとして活用しているのだが、先日、「B」キーが反応しなくなってしまい、泣く泣く入院させることに。

最大1週間で返ってくるとのことだが、それまで仕事しないわけにもいかないので強制的に12インチ型MacBookをフル活用することになった。

せっかくの機会なので、普段「MacBook Pro」を使って仕事をしている僕がMacBookで仕事をするようになってどのような違いがあったかについて、備忘録がてら書いておくことにした。MacBook Pro」の15インチモデルまたは12インチ型MacBookの購入を検討している人は参考にどうぞ!

MacBook生活初日:この日のMacBookの使い方

まずは僕が1日の中でMacBookを使用していたタイミングを紹介する。

朝から起きてから記事を2本執筆し、取材へ移動。記者会見会場にてMacBookを膝の上に置いて記事を3本ほど執筆。時間にして1時間ほど作業した。

その後、中野に移動し、スタバで30分で記事を2本書き上げ、さらに表参道へ移動し、焼肉屋で記事を1本、10分程度で執筆。

帰宅後はさらに3記事を書き上げ、現在この記事を書いている。

MacBookのみで1日を過ごした感想

大前提として、僕は基本的に「MacBook Pro」で行っている設定のカスタマイズはほとんど12インチ型MacBookにも同様に行っている。よってMarsEditやAlfredの設定などは全て同期されているため、アプリなどの操作性には基本的に差はない。

これを使い始めてものすごく便利だと思っているのはやはりそのコンパクトさと軽さ。いくら15インチモデルも小型化しているとは言え、12インチモデルには敵わない。リュックの中に入っているかどうかも忘れるぐらいには軽い。

電池持ちも非常に優秀。1日を終えた後、バッテリー残量は54%ほど残っていた。使用していた時間を合計すると2時間に満たないかもしれないが、記事を書き上げる際に画像の圧縮などマシーンに対象負荷が掛かるような作業も行っていることを考えると非常に優秀だと言える。

僕のMacBookは「Core m7」を搭載しているということもあり、操作はほとんど引っ掛かることもなく「MacBook Pro」と大差なくサクサクで全ての作業をこなすことができた。MacBookだからと言って開いているアプリの数を減らすことなく普段と同じように使っていたが、動作のもたつきはほぼなし。唯一、大容量の画像ファイルを開いたときは多少動作が固まったこともあったが、それ以外は全く問題無し。

意外と困らなかったのは画面サイズ。もちろん、アプリを都度切り替えないといけない煩わしさはあったものの、思っていたほど不便を感じなかった。ただし、1つのSpaceにほとんどのアプリを表示している15インチモデルとは違い、12インチモデルの場合はSpacesを有効活用し、狭い画面スペースの中で上手にやりくりすることができた。

ただし、やはりMacBookのディスプレイを常に見ながら作業しなければならないので首に対する負担は大きいように感じる。出先ではMacBookの画面だろうと「MacBook Pro」の画面だろうと変わらないが、自宅では普段「LG 5k UltraFine Display」を使っているので、自宅なのに広い作業領域で仕事ができないことや、自宅なのに首に負担が掛かるような使い方をしなければならないということは気になった。

一方で、12インチモデルならではの便利さとして、「Anker PowerPort+ 5 USB-C」で本体を充電することができるということはとても助かっている。15インチ型「MacBook Pro 2016」は「LG 5K UltraFine Display」から充電しているため充電アダプタは用意していないのだが、iPhoneやキーボード、マウスを充電するために使用している「Anker PowerPort+ 5 USB-C」のUSB-Cポートを使えばMacBookは問題なく充電できる。実に便利。

12インチ型MacBookに搭載されているキーボードは初代バタフライ式キーボードとなっているが、正直なところ、僕は「MacBook Pro」よりもこっちのキーボードの方が好きだ。キーを叩いたときの音が低いということ、押し心地が優しいということが理由だ。

また、声を大にして言いたいのが、「Touch Bar」は一ミリも恋しく無いが「Touch ID」は恋しい。そしてファンクションキーがあってもなくてもそれほど変わらないが、「esc」が物理キーとして存在するのは最高だ。「esc」キー、いつか戻っておいで。

MacBook生活初日の総括としては「意外とイケる」という結論に至った。明日は特に外出する予定がないが、12インチ型MacBookの印象は変わるのだろうか。

あわせて読みたい