iPad、「iOS 10」で「ライブ変換」が利用可能になる?!

live.png
2015年、Apple史上最もパワフルなiPadとして「iPad Pro」を発表したものの、ソフトウェアが追いついていない感が否めない。2016年はハードウェアのパワフルさを活かすことができるソフトウェアの進化に期待したい。

早速そんな期待に応えてくれそうな噂が報じられている。Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によるとiOS 10」において「OS X El Capitan」で利用可能になった「ライブ変換」がiPad向けに提供される可能性があると伝えている!

より快適に、正確に文字入力ができる日本語IMEを提供

Appleは日本語入力のエンジンを2014年にリリースした「iOS 8」ならびに「OS X Yosemite」で刷新。「ライブ変換」は新たに追加された解析エンジンによって実現されているが、現状、OS Xのみ有効化されている状態だという。

個人的にはGoogle日本語入力をこよなく愛しているので「ライブ変換」どころかApple純正の日本語入力機能はほぼ見向きもせず無効化してしまっているが、iPadで利用可能になった場合、現状「iPad Pro」で感じている日本語入力のストレスが軽減される可能性は十分にありそうだ。

iOSとOS Xの統合はあり得ないと度々否定されているが、iOSが劇的に進化しOS X並のパフォーマンスを提供することができれば近づくことができるはず。2016年はAppleにとっても大きな1年。ハードウェアのみではなく、ソフトウェアの動向にも注目だ。

(via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. Devices-All-Logo.png
    Mac用メールアプリの決定版!「Spark for Mac」が正式リリース
  4. Sony-Life-Space-UX-22.jpg
    【レビュー】今話題!超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(1/3)【Sponsored by Sony】
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法