「iPhone 6s」は「Force Touch」に対応、デュアルカメラは非搭載?!

IPhone 6s Force Touch
もう気付いたら3月だ。例年通りのスケジュールであれば半年後には新しいiPhoneが発表されているだろう。

次期iPhoneに関する噂はまだほとんどないが、昨年末にJohn Gruber氏が2つのレンズを利用してデジイチ並の画質になると伝え、今年1月半ばには台湾メディアが光学ズームに対応したデュアルレンズカメラを搭載する可能性があると報じている。


AppleInsiderが得た最新情報によると、次期iPhone(名前は「iPhone 6s」?)は「Force Touch」に対応するものの、以前噂されていたデュアルカメラは非搭載だと報じている!

次期iPhoneは4.7インチ・5.5インチモデルのまま?

4インチ型iPhoneは復活しない見通し

今年発表されるiPhoneは昨年同様に4.7インチモデルと5.5インチモデルが登場する予定。内部では「N71」「N66」と言うコードネームが付けられているようだ。

昨年末に4インチ型「iPhone 5s mini」が今年登場するという噂があったが、今年に入ってその噂は否定されていた。


AppleInsiderが得た情報にも4インチ型iPhoneは復活しないと伝えていたようだ。

デュアルカメラは技術的に搭載が厳しい

デュアルカメラも搭載されないようだ。そもそも「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」でカメラが突起していたことからも分かるように、限界までパーツを詰め込んでいる現行モデルに加えてさらにもう1つレンズを加えるのは現実的ではない。

カメラの突起について、Jony Ive氏は先日公開されたThe New Yorkerのインタビューで「実用性を優先した判断だった」と語り、デザインを妥協したことを匂わせるコメントを残した。

「Force Touch」は次期iPhoneに搭載される可能性あり

一方、搭載される可能性が高そうなのは「Force Touch」。これについては以前も噂になっていた。

次期iPhoneは「Apple Watch」に採用されている「Force Touch」を採用すると伝えている。

「Force Touch」はApple自身が「マルチタッチの登場以来、最も画期的な新しい感知機能」と呼んでいる機能。タッチそのものを認識するだけではなく、タッチの圧力を感知することによって「軽いタップ」と「深く押す」という2つの動作の違いを判別できるようになった。

via 次期iPhoneのRAMはLPDDR4規格の2GBメモリ搭載、Force Touchも採用か?! | gori.me(ゴリミー)


「Force Touch」の搭載の流れは「iPhone 5s」で「Touch ID」を搭載し、その後「iPad Air 2」「iPad mini 3」でも搭載した流れと同じ。現時点で搭載が明らかになっているのは「Apple Watch」だけだが、次期iPhoneに搭載されていても不思議ではない。

(via AppleInsider

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法