Wunderlistで作成した締め切りのあるタスクをMacのカレンダーアプリやGoogleカレンダーと同期する方法

Wunderlist Calendar Sync 01

僕はタスク管理を全て「Wunderlist」で管理している。iPhone・iPad・Mac・Androidにアプリをインストールし、執筆記事の管理やメールの返信などをまとめている。

ただWunderlistにも欠点がある。それはカレンダーと独立した存在であること。締め切りのあるタスクを日頃の予定と合わせて見ることができた方が便利に違いない。

そんなことをふと思い、調べてみたところWunderlistのタスクリストをフィードとして出力し、各種カレンダーサービスと同期する方法があった!本記事ではMacの「カレンダー」アプリならびにGoogleカレンダーと同期する方法をそれぞれ解説する!

Macの「カレンダー」アプリと同期する方法

Macのカレンダーと同期するのは極めて簡単。まずはMacでWunderlistを立ち上げ、環境設定(「Command + ,」でも可)を開き、「アカウント」タブをクリック。一番下に「カレンダーフィード」という項目があるので、これをクリック。
Wunderlist Add To Mac

「接続」をクリックするとこのようにカレンダーアプリが照会したいカレンダーのURL欄にWunderlistのタスクリストが入った状態で立ち上がる。「照会」を押し、手順に沿って進めれば新しいカレンダーとして追加される。
Wunderlist Add To Mac

Googleカレンダーと同期する方法

Googleカレンダーと同期する方が多少手間は掛かる。まず、Wunderlistのウェブ版をブラウザ開く。ログインし、左上にあるアカウント名をクリックし、「アカウント設定」をクリック。
Wunderlist Web

Macアプリと同じく「アカウント」タブを開くと下の方に同じく「カレンダーフィード」が用意されているが、今回はボタンではなく、URLが表示されている。このURLをコピーする
Wunderlist Add To Google 1

続いてGoogleカレンダーを起動する。左サイドバーの下の方にある「Other calendars」の隣にある三角形をクリックし、「Add by URL」をクリック。
Wunderlist Add To Google

先ほどコピーしたURLをここに貼り付け、「Add Calendar」をクリック!その後は手順に沿って進めるべし!
Wunderlist Add To Google

もちろん、Wunderlistに登録されているタスクが全て表示されるのではなく、具体的な日程の締め切りがあるタスクのみ表示可能。やるべきこと・行くべき場所・会うべき人を全て一箇所で網羅できるのは非常に便利なので、Wunderlistを使っている人は設定しておくべし!