「iPhone 6s」の外向きカメラはこれまでと同じ800万画素か?!

iPhone 6 Air
以前、今年発売される次期iPhoneは”過去最大のアップデート”で、一眼レフに劣らない画質になると報じられていた。光学ズームに対応したデュアルレンズカメラを搭載という情報もある。


最新の情報によると、カメラの性能そのものは向上するかもしれないが、画素数はこれまでと変わらない可能性がありそうだ。Taipei Timesによると、iPhone 6s」は800万画素カメラを搭載すると報じている!

次期iPhoneのiSightカメラの画素数は変わらず?!

TaipeiのアナリストJeff Pu氏によると、次期iPhoneは「iPhone 4s」で初めて搭載された800画素カメラと同じ画素数になると予想。

同氏によると、中国ではローエンドやミドルエンドのモバイルデバイスは800万画素や1,300万画素カメラセンサーの需要が高いと指摘。一方、ハイエンドデバイスによる1,600万画素や2,000万画素のカメラセンサーの搭載は、CMOSセンサーの供給量が限られるため浸透が遅いとのこと。

2014年の10月から12月の3ヶ月間で7446万8000台のiPhoneを売っているApple。この状況を考慮するとまだ1,600万画素や2,000万画素のカメラセンサーを搭載するには供給量が圧倒的に足りない可能性が高そうだ。もし画素数が増えたとしても1,300万画素が限界だろうか。


(via MacRumors

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー