次期iPhone、やはり「Force Touch」を採用する可能性が濃厚

iPhone-6s-Force-Touch-01.JPG
実際に体験して分かる、感圧トラックパッドの凄さ。いずれか今後のMacには全て搭載されるのではないかと思う。


そしてこの革新的技術が採用されるのは何もMacだけではない。以前から報じられているが、Digitimesによると、やはり次期iPhoneは「Force Touch」を採用する見通しであると伝えている!

iPhone 6s」内部のどこにセンサーを配置するか、検討中?

台湾のタッチパネルメーカーから得た情報によると、Appleは仮称「iPhone 6s」こと次期iPhone内部のどこに「Force Touch」用センサーを配置するのかを検討しているとのこと。

1つは最も指に近いディスプレイのプロテクティブスクリーンカバーとインセルタッチパネルの間、もう1つはタッチパネルのバックライト層の下。タッチパネルへの影響を最小限に抑えるために、Appleは後者を選ぶ可能性が高いとのこと。

iPhoneに採用される「Force Touch」はMacBookのトラックパッドとは異なる仕組みになると言われている。どうやら指が画面に触れる面積によってタッチの差を認識するそうだ。


「Force Touch」用センサーは現在「Apple Watch」用のディスプレイパネルの生産を請け負っているTPK社とGIS社が担当する予定。

過去の流れと同様の戦略であれば今年発表されるiPhoneは「s」系のマイナーアップデートになるはずだが、「Force Touch」が搭載されるとなると比較的大きなアップデートになるはず。「iPhone 6s」ではなく「iPhone 7」として発表される可能性も十分ありそうだ。

(via 気になる、記になる…

オススメ
iPhone-6s-Force-Touch-01.JPG

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法