「iPhone 8 Plus」、望遠レンズも光学手ブレ補正に対応か

Iphone7plus iphone7 camera
iPhone 7 Plus」は光学手ブレ補正に対応しているが、対応しているのは片方のレンズのみ。新たに追加された望遠レンズは光学手ブレ補正に対応していないのが現状だ。

KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、2017年発表予定の「iPhone 8 Plus」は望遠レンズも光学手ブレ補正に対応すると予想している!

画質向上に期待、光学ズームの倍率も改善される可能生

Kuo氏によると、Appleは来年のiPhoneの強みでもあるカメラの性能を向上するべく、光学手ブレ補正を望遠レンズにも追加すると説明。その結果、写真の画質が向上することはもちろんのこと、現状2倍までしか対応していない光学ズームの倍率が伸びる可能生があると指摘している。

iPhone 7 Plus」を使い始めて約2ヶ月弱、当初は必要性に疑問があった望遠レンズも気づいたら毎日のように使っている。ワンタップで2倍に光学ズームできるUIは非常にシンプルで分かりやすい。

iOS 10.1」から提供開始されたポートレートモードも望遠レンズありきの機能。人物写真だけではなく、食べ物の写真も被写体が浮かび上がり、今までにないような写真を撮ることができるようになった。

ただ、やはり使えば使うほど望遠レンズに光学手ブレ補正を欲する機会は増えた。特に暗所で撮影する際は2倍ズームボタンをタップしても光学ズームではなくデジタルズームになることが多く、結果的にザラザラの写真になってしまうことも少なくない。

望遠レンズが光学手ブレ補正に対応すればこのようなことはグンと減る。来年のiPhoneに間に合うことを期待したい!

(via MacRumors

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告