Google日本語入力で変換候補のショートカットキーを無効にする方法

Google Japanese IME
OS X Yosemite」でOS X標準の日本語変換システムが新しくなり、「OS X El Capitan」からは打ちながら変換する「ライブ変換」が実装された。一部では非常に好評らしいが、僕は最初に打った1文がまともに変換できずに即無効化した。


代わりに何を使うかというと、慣れ親しんだ「Google日本語入力」だ。慣れの部分も大きいとは思うが、もう「Google日本語入力」からは離れられない。

ところが先日、入力途中の単語の変換候補の左側に余計なショートカットキーが表示されていることに気がついた。僕は日本語入力をする際に変換したい単語にカーソルを合わせたタイミングでエンターキーは押さずに次の文字を打つ癖があるのだが、このショートカットキーが表示されているため、次に打とうとした文字がショートカットキーに当たり、直前に打っていた単語が謎の変換をされてしまう事故が多発していた。ハッキリ言ってストレスフルだった。

Google日本語入力」の環境設定を探した結果、すぐに直すことができたので、万が一同じようなトラブルで迷惑を被っている人がいたら参考にどうぞ!

「候補選択ショートカット」を「なし」にすればOK!

改めてどのような減少が起きていたかということをスクリーンショットと共に紹介する。

以下で僕は「この変換候補が表示されるのが本当にうざい」と打っている。この文の次に「しつこいし、困っている」と打ちたい場合、僕は下記スクリーンショットに表示されている変換で問題無いのでそのまま「しつこい」の「s」を打っていたのだが、変換候補の左側にあるショートカットキーのせいでこの画面で「s」を押すと「ほんとうに」と変換されてしまうのだ。
Google IME
要は、変換候補の左側にあるショートカットキーを無効化したい。それだけだ。

そこで「Google日本語入力」の環境設定を開く。すると「候補選択ショートカット」といういかにもな項目を発見。これを「なし」に変更。
Google IME
これでもう一度変換してみると、さきほど表示されていたショートカットキーが非表示になっていることが確認できた。めでたし、めだたし。
Google IME
オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品