Macで「おやすみモード」のオン・オフを切り替える、超簡単な方法

Sleep Mode
Macには通知を完全にシャットアウトし、作業に没頭できるようにするための機能がある。それが「おやすみモード」。「OS X Yosemite」から導入され、有効にした場合、iPhoneと同じく通知が表示されないような仕様になっている。

本当に集中したい時に役立つ「おやすみモード」。オン・オフを切り替える方法として通知センターを開いてボタン「おやすみモード」のボタンをクリックする方法しかないと思っていたが、実はもっと簡単に切り替える方法があったようだ!

そもそも「おやすみモード」を活用している人は限りなく少ないかもしれないが、素早く切り替えたいという状況になった時のためにも覚えておくべし!

「alt/option」キー + 「通知センター」アイコン

実はキー1つとワンクリックで「おやすみモード」のオン・オフを簡単に切り替えることができるのだ。そのキーとは「alt/option」キー。地味ながら押すことによって通常では表示されない「オプション機能」を呼び出してくれる、魔法のキーだ。
Sleep Mode
「alt/option」キーを押しながら画面右上にある通知センターのアイコンをクリックすると、下記のように通知センターのアイコンがグレーアウトしている。通知センター内を見ると確かに「おやすみモード」が有効化されている。
Sleep Mode
今後、何か切羽詰っている時は作業しているアプリをフルスクリーンモードに切り替え、「おやすみモード」を上記方法で有効化して作業に没頭してみてはいかがだろうか。

(via ライフハッカー[日本版]

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった