ゴリミーのバッグの中身2021:常に持ち運ぶアイテム達

どこへ行くにしても持ち運ぶモノ達を、どのようにバックパックに収納しているのかを紹介

Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 01

僕はMacのある作業環境も大好きだが、最近はバッグの中身が好き。カメラバッグを持ち運んでいる人が普段、特に自分と同じカメラバックを使用している人が、どのように機材や他の荷物を収納しているのか、各ポケットをどのように活用しているのか、気になって仕方がない。

同じようなニッチな需要があるかと思い、僕が使用しているバックパックの中身を紹介する。

使用しているバックパック

My WANDRD Prvke 31 bag 01

使用しているバックパックは、「WANDRD PRVKE 31」の2021年モデル。サイドアクセスの広さや容量の面から当初は41リットルモデルを購入したが、普段用としては31リットルで十分と判断し、31リットルモデルを買い足した。以来、メインのバックパックとしてどこへ行くにしても背負っている。

PRVKE 31はシティユースに適した、容量と機能のバランスが絶妙なバックパックだ。詳しくはレビュー記事を読んでもらいたいが、必要なポケットがすべて揃っており、容量の拡張もでき(31リットル → 36リットル)MacBook Proとカメラ機材を安全に持ち運べる。素材も頑丈で、ちょっとやそっとの雨に打たれても中身は無事だ。

汚れが付いても、簡単に拭き取れる。僕は外出後はアルコールウェットティッシュで底面や外側を拭くようにしているが、砂浜や土の上に置いていても、ひと拭きすれば綺麗になる。

背負ったときの見た目も、お気に入りポイントだ。中身が少ないときは、ロールトップをまとめることでコンパクトになる。最大容量のときは、バックパック全体が縦長になるが、不自然ではない。僕の身長に対するサイズ感もマッチしている。プレミアム アクセサリー ストラップスは見た目のアクセントとして付けているが、荷物が増えすぎたときにバックパックの外に固定するアイテムとして重要な役割を持つ。

WANDRD PRVKE 31 2021 New Model Review 22
荷物をほぼ最大まで入れた状態

最近驚いたのは、暑い中汗だくになりながら背負っていても、バックパックに匂いが残らないこと。発汗能力が人より高い僕にとってはグッドニュースだ。

バックパックの中身(カメラ機材、ガジェット、小物など)

続いて普段バックパックに入れて持ち運んでいるアイテムを紹介する。カメラ機材含め、基本的にどこへ行くにしても持ち運んでいるアイテムだ。

合計重量は約9.1kg。カメラバッグ本体とカメラキューブが約2.1kg、カメラ本体と2本のレンズで約1.9kg、MacBook Proが1.4kgあり、合計5.4kgになってしまう。常に荷物の軽量化、不要なアイテムの排除は意識しているが、大幅な軽量化は今のところ難しい。

薄手の長袖、タオル、ティッシュ、小物ポーチ

Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 02

PRVKE 31の前面には、大きな縦方向のファスナーがあり、広いポケットがある。意外と物が入ることに最近気づき、夏に欠かせない薄手の長袖、汗だくになったときに使う速乾タオル(SWANSスポーツタオル)、ポケットティッシュ、小物ポーチ(ミステリーランチのゾイドバッグ)を入れている。

使用頻度が最も高い小物ポーチは、一番上に来るように調整。中にはエコバッグ(シュパット)、ハンドサニタイザー、ウェットティッシュ(キレイキレイ 除菌ウェットシート)、プロテインバー(Strong Bar)、健康補助食品(Enemoti)が入っている。

バッグハンガー

Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 03

PRVKE 31のロールトップ部分には、バッグハンガー(HERO CLIP)を取り付けている。僕がバックパックを取り付けることは、ほとんどない。妻の荷物を取り付けたり、テイクアウトした食べ物を安全に持ち運ぶために運転席の上にある手すりからぶら下げたりする目的で使用することが多い。

HERO CLIPは、仕様上の耐荷重が27kg。僕のバックパックでもは耐えられる。

カメラ機材、ガジェットポーチ

Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 04

カメラバッグの中に入れているカメラ機材は、EOS R6RF24-70mm F2.8 L IS USMと、RF35mm F1.8 MACRO IS STM。僕はスナップと商品の物撮りがメインで、RF24-70mm F2.8があれば欲しい画角は大抵撮影できる。レンズ単体の重さが900gもある点はネックだが、なんだかんだでf2.8の魅力は手放せずにいる。手持ちで撮影する機会が多く、最短焦点距離が近い点も気に入っている。

RF35mm F1.8は、手軽なスナップ撮影用に持ち歩いている。場所によっては赤レンズを付けていると「ガチ勢が来た」ような目で見られてしまうため、写りと画角のバランスが自分に合った35mmを入れている。軽く、小さく、マクロ撮影もできるため、重宝している。

カメラキューブの中には、ブロワー(HAKUBA シリコンブロアーポータブル)、カメラストラップ(PeakDesign スライドライト)、NDフィルター(EXUS ND1000EXUS ND16、ステップアップリング(MARUMI製)、小物ポーチ、ガジェットポーチ(サンワダイレクト製)を収納している。カメラ機材の量が増える場合は、ガジェットポーチを別のポケットに移動する。

レンズはあれこれ持ち運んでも使わないことが多いので、追加したとしても3本以内に収めるように意識している。狭い画角のほうが落ち着くため、3本目はRF70-200mm F4 L IS USMを選ぶことが多い。

Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 05

ガジェットポーチの中身は、バッテリー、充電器、イヤホンなど、必要最低限のものしか入れていない。レビュー記事を参考にしてもらいたい。

小物ポーチには、娘が描いてくれたイラストのキーホールダー、ゴリミーステッカー、レンズクリーニングティッシュ(HAKUBA製)、メンテナンス用品 レンズペン(HAKUBUA製)、絆創膏、2日酔い対策サプリ(SUPALIV)が入っている。

MacBook Pro、書類、カメラ用バッテリー、工具、ケーブルなど

WANDRD PRVKE 31 2021 New Model Review 48

PRVKE 31の背面側には、小さいポケットが複数用意されている。従来はガジェットポーチなどに入れてあったが、一部アイテムを移動した。

小さいポケットの1つには、100W対応ケーブルと、複数端子に取り替えられる搭載した万能ケーブル(allroundo)。
Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 07

もう1つには、カメラ用バッテリーと折畳ドライバー(SmallRig製)。
Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 08

その下のポケットにはペンや名刺入れ、保育園用の入館証を入れてある。
Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 06

ノートPC用ポケットにはMacBook Pro、タブレット用ポケットには団扇と書類用のファイルを入れてある。
Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 09

AirPods Pro、目薬、リップクリーム、メガネ拭き、財布など

Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 10

PRVKE 31の上部には、小物を放り込めるクイック・アクセス・ポケットが用意されている。入れているのは、USB-C to Lightningケーブル(Anker PowerLine lll Flow USB-C & ライトニングケーブル)、リップクリーム、目薬、財布。

WANDRD PRVKE 31 2021 New Model Review 07

鍵は、鍵専用ポケットに収納している。実は他のバッグにはない機能で意外と重宝しているのは、このポケットの存在だ。普段はカバンを背負っているのでカバンの中に入れておき、カバンを置いて移動する場合はすぐに取り出せる。小さいことだが、頻繁に行うため専用ポケットは助かる。

着替え

Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 11

PRVKE 31は、ロールトップから多くの荷物にアクセスできる。一見便利そうに見えるが、荷物へのアクセスは意外と面倒。背面からのアクセスも優れていない。そのためロールトップには、使用頻度が低いものを入れるようにしている。
WANDRD PRVKE 31 2021 New Model Review 45 2

普段は、着替えの入った衣類袋。濡れた服を密閉して持ち歩ける袋も常備しているため、汗だくになってもカバンの中は臭くならずに済む。冬場は、ロールトップにパーカーなどを入れている。

手拭き用タオル

WANDRD Hip Belt 01

外側のポケットに入れているタオルは、汗だくになったとき用。普段の手洗い後に使用するタオルは、ヒップベルトにある小さいポケットに入れている。

使用しているのは、Matador Nanodry Towel。速乾性が高く、使い勝手が良い。

移動時の必須アイテムが詰まっているバッグの中身

Whats in my bag 2021 wandrd prvke 31 01

持ち運ぶ荷物は体的に見直しているが、現在の持ち物が劇的に変わること考えづらい。せいぜい使用しているレンズが変わったり、MacBook Proが新しくなったり、各種ポーチの中身を見直したりするぐらいだろう。

旅行の際は、これらの荷物に加えて着替えや宿泊用充電ポーチが加わるだけ。撮影の際は、レンズの追加や見直し、三脚を用意する。基本装備は、普段から持ち歩いているもので変わらない。公園遊びなどに行く際は、nalgeneのトライタンボトルをドリンクホルダーまたはロールトップに入れてあることが多い。

バックパックは常に新しいものを探し続けており、最近ではShimoda Action X30の追加購入、9月にはShimoda Explorer V2が届くが、しばらくはWANDRD PRVKE 31を使い続けることになりそうだ。フレームがない、ロードリフターがないなど構造上の不満はあるが、なぜかそれらがなくても身体にフィットする。各種ポケットの使い勝手は、自分の使い方にマッチする。

新しいバックパックを探している人は、一度検討してもらいたい。

関連キーワード
特集
公開情報
更新日2021年08月06日
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. パックマン(コメントID:606776)

    パックの中身ですか。興味深いですねぇ。
    私はカメラは持っていませんが、カメラリュックを普段使いにしています。
    一度カメラリュックを使うと機能性とか収納性とかでノースフェイスとかのおしゃれリュックは使えなくなるんですよねぇ🤥
    そして、パックごとに特徴や一長一短があって数が増えていくという😆
    私もshimoda V2待ちですが、このリュックを見てるとPRVKEも良さそうに見えてきます。もっとも、最近nomaticのトラベルパックを買ったりして絶賛無駄遣い中ですが😱

  2. しげち(コメントID:606774)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:606767)
    確実にできると思います!なぜなら16インチが入るから!笑。

    ありがとうございます。ではこのザックと14inch MBP、両方とも買います!

  3. g.O.R.i(コメントID:606767)
    コメント先:しげち(コメントID:606766)
    いつも楽しく読ましていただいています。 このザックは、14inchのMacBook Proが発売されても、収納できそうでしょうか?

    確実にできると思います!なぜなら16インチが入るから!笑。

  4. しげち(コメントID:606766)

    いつも楽しく読ましていただいています。
    このザックは、14inchのMacBook Proが発売されても、収納できそうでしょうか?

「バックパック・バッグ」新着記事
トレンド検索