Canon、11月4日に価格改定を実施へ。EF/RFシステムのボディやレンズが値上げ

4月の価格改定に続き、年内2度目となる価格改定を実施へ

Canon RF 24 70 Lens 01

Canonが11月4日より、RFシステムを含む67商品の価格改定を行う。理由は「企業努力による対応のみでは価格を維持することが困難な状況」であり、「今後も高品質な商品及びサービスの提供を継続していくため」と説明している。Canonは今年4月、RFシステムを中心とした価格改定を実施している。

値上げの対象となる商品点数は以下のとおり。

  • レンズ交換式カメラ:19商品
  • レンズ交換式カメラ用交換レンズ:42商品
  • 双眼鏡:2商品
  • コンパクトデジタルカメラ:2商品
  • CINEMA EOS:1商品
  • 業務用ビデオカメラ:1商品

カメラ本体は、EOS R3EOS R5EOS R6EOS RPEOS R7EOS R10などのRFシステムを始め、EOS-1D X Mark IIIやEOS 5D Mark IVなど一眼レフ機も対象。数万円の値上げが発表されている。

レンズはRF・EFレンズともに数千円の値上がりが中心だが、高いレンズへのインパクトは大きい。RFシステムは大三元レンズ超望遠レンズ、EFシステムは小三元を含む多数のレンズが影響を受ける。

カメラのキタムラでは値上げ対象の商品がまとめられている。購入を検討していた商品がある場合は、早めの購入をおすすめする。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(7件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. PGE6748(コメントID:647043)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:646067)
    そして、値上げのおかげで黒字が増えるのですね。コスト上昇を理由に値上げして利益が増える企業の不思議。

    確かに、値上げをしても粗利率を変えなければ、商品一つあたりの利益は増えます。
    しかし、粗利(売上総利益)は企業が事業を継続する上で非常に重要なものであり、企業は常に粗利や粗利率に意識を向けて活動しています。
    そして粗利率を下げるということは、すなわち商品の付加価値が下がるということになりますので、なるべく避けようとします。
    コスト上昇による値上げなどで利益が増えた場合であっても、安易に粗利率を下げようとしないのはそのためです。

  2. g.O.R.i(コメントID:646935)
    コメント先:かめキチ君(コメントID:646933)
    品物が無くて値上げ!企業とはそういうものですか?円安で海外に輸出で国内無視されているね!ファン無視だね!

    どうされたんですか?

  3. かめキチ君(コメントID:646933)

    品物が無くて値上げ!企業とはそういうものですか?円安で海外に輸出で国内無視されているね!ファン無視だね!

  4. 通りすがりの読者(コメントID:646067)

    そして、値上げのおかげで黒字が増えるのですね。コスト上昇を理由に値上げして利益が増える企業の不思議。

  5. g.O.R.i(コメントID:645803)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:645801)
    価格改定にEOS R6は含まれてなくて近日中にMark II が出るからでは? との噂の確度を上げる要素とも言われてますね。

    ですね!

  6. 通りすがりの読者(コメントID:645801)

    価格改定にEOS R6は含まれてなくて近日中にMark II が出るからでは?
    との噂の確度を上げる要素とも言われてますね。

  7. 通りすがりの読者(コメントID:645755)

    モデル末期に値下りを狙って…というのは過去の事になった。😱

「レンズ」新着記事
トレンド検索