【非公式】リークしたシリコンケースを取り付けた4.7インチモデルの「iPhone 6」の3Dレンダリング画像が公開!

iPhone 6の3Dレンダリング画像

先日リークされたケースの写真を次期iPhoneが付けていたら、こうなる?!

Nowhereelse.frにMartin Hajek氏による、先日リークしたシリコンケースを取り付けた4.7インチモデルの「iPhone 6」の3Dレンダリング画像が公開されていたので、紹介する!

この手のシリコンケースの実物はダサいはずなのに、なぜかカッコイイ…

Martin Hajek氏と言えば、過去にも数々の3Dレンダリング画像を公開していることで有名だが、今回制作した「iPhone 6」の4.7インチモデルはわずかに丸みを帯びたデザインで。そして個人的には何としても避けたいと思っているが、スリープボタンの位置は側面に移動することになっている。
iPhone 6のコンセプトイメージ

音量ボタンとマナーモードスイッチがある側はこれまでと特に変わりない。
iPhone 6のコンセプトイメージ

こうして見ると、明らかに「iPhone 5s」と比べて4隅が丸みを帯びている。今の形状には慣れてしまったが、丸みを帯びている方が持ちやすそうな気がする。
iPhone 6のコンセプトイメージ

底面はイヤホンジャックに加え、Lightningケーブル用のポートとスピーカー、マイク用に穴が開けられている。
iPhone 6のコンセプトイメージ

「iPhone 6」の4.7インチモデルをイメージして公開されている今回の3Dレンダリング画像だが、5.5インチモデルと比較した画像も公開されている。最新の噂では4.7インチモデルと5.7インチモデルが発表されると言われている。
iPhone 6のコンセプトイメージ

Nowhereelse.frには他にもMartin Hajek氏によるコンセプトイメージが多数掲載されているので、興味ある人はチェックするべし!

iPhone 6 : De superbes nouveaux rendus 3D pour l’iPhone surdimensionné

(via MacRumors