川底に2週間放置された「iPhone X」が発見され、持ち主の元へ届けられる

Iphone x found in river after 2 weeks

iPhone X」を紛した場合、金銭的ダメージも大きいが、端末のの中に保存されていたデータが端末にしかない(=バックアップを取っていない)時のダメージは計り知れない。

Alyssaさんは2週間前、川に自分のiPhoneを落としてしまった。その端末内には撮影した幼い娘さんの写真がすべて入っていたが、バックアップを取っていなかったため、端末だけではなく貴重な写真データも失われてしまった。さぞかし絶望的な気持ちだったに違いない。

幸運なことに、川底に落ちている”宝探し”を趣味とするYouTuberによって無事発見。2週間もの潜水期間があったのにも関わらず「iPhone X」は動作し、娘さんの写真も手元に戻ってくるというノンフィクション感動ストーリーが公開されていたので、紹介する!

川底で”宝探し”を趣味とするYouTuberに救われる

この動画を公開したのは「Man + River」のDallasさん。動画の冒頭ではグラサン、10Kの指輪、ココナッツ、お菓子などを発見し紹介しているが、同氏にとっても初めてだというiPhoneを発見。

自宅に帰り、本体を開けて内部を乾かし、3日後に電源を入れた結果無事動作することを確認。すぐさま持ち主に連絡を取り、「iPhone X」を丁寧に包装して送り届けたことが紹介されている。

「iPhone X」の防水仕様はIP67に相当すると言われ、「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない」という基準を満たしている。

今回は2週間もの潜水期間を経て無事復活しているため、規定以上の防水性能を発揮したことになるが、発見後にしっかりと乾燥作業が行われていたことなどもあり、動作が復活したのかもしれない。

なお、Appleは液体による損傷は保証の対象外としている。いくら防水仕様とは言え電子機器であることには変わりないため、過信は禁物だ。

以下、動画をご覧あれ!


(via 9to5Mac

あわせて読みたい