MacでSplit Viewを使う方法

フルスクリーンモードで2つのアプリケーションを並べて表示できる機能を活用して集中力を高めよ

Mac HowtoUse SplitView

OS X El Capitan」以降、Macでも「Split View」が利用できるようになった。

「Split View」とは、フルスクリーンモードで2つのアプリケーションを並べて表示できる機能。最大2つのアプリまでしか表示できないため、他のアプリケーションによる邪念に影響されることなく、目の前の作業に集中することができる。

本記事ではMacで「Split View」を使う方法を解説する!

左上にある緑色のボタンを長押しでSplit Viewに

「Split View」の前に、フルスクリーンにするための方法に触れておく。

Macでフルスクリーンに入るためには左上にある3つのボタンのうち、一番右にある緑色のボタンをクリックする。
Window controls

ただし、これをクリックするとそのウィンドウ単体でフルスクリーンになってしまう。「Split View」を有効化するためには、クリックしてすぐ離すのではなく、クリックして長押し

How to Use Split View on Mac 01

上記の通り、「Safari」が画面の半分に操作していたウィンドウが拡大されることを示唆するアニメーションが表示される。

指を離すと「Split View」の片方の画面が埋まる。
How to Use Split View on Mac 02

この状態になると、強制的に2つ目のウィンドウを指定しなければならない。万が一「まだ早い」ということなのであれば、「esc」キーなどを押せば元通りの状態になる。
How to Use Split View on Mac 02

僕は予め用意しておいた「CotEditor」を指定。
How to Use Split View on Mac 03

これで「Safari」と「CotEditor」による「Split View」になった。
How to Use Split View on Mac 07

なお、フルスクリーンはアプリ側が対応する必要がある。対応している場合は右上と左下に矢印が書かれたボタンとなっているが、非対応の場合は「+」が書かれたボタンとなっているはず。

セパレーターを左右に移動して画面幅を変更可能

基本的な操作はiPadの「Split View」と同じ。中央にあるセパレーターを左右に動かすことによって2つの画面幅を調整することができる。
How to Use Split View on Mac 04

Split Viewの終了はMission Controlからの方がスマート

「Split View」を終了する場合は「Mission Control」から「Split View」が有効となっているバーチャルウィンドウを探し、マウスを重ねると左上に表示される白い解除ボタンをクリックすれば終了する。

How to Use Split View on Mac 06

個別のアプリに表示されるフルスクリーン解除ボタン(フルスクリーン時に使用した同じ緑のボタン)をクリックしても解除されるが1つずつしか解除できないため、上記のやり方の方がスマートだと感じる。

Apple公式の解説動画

今回紹介した内容は、Apple JapanのYouTubeチャンネルに解説動画が公開されている。あわせて参考にどうぞ!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索