ソフトバンクオンラインショップ

Macのストレージ容量を確認する方法

ある日突然、ストレージ不足に直面しないよう、定期的にストレージ容量をチェックしておきましょう

Sandisk Extreme Portable 1TB SSD 05

MacBookを買う時、Macのストレージを節約する人は意外と多い。使い方や用途次第だが、最低でも512GB、余裕があれば1TBを選択するように推奨しているが、必要最低限を選ぶ人は購入後まもなくしてストレージ不足に陥り、外付けドライブの使用を余儀なくされる。

仕事道具として使っているのであれば、突然のストレージ不足を告げられるのは困る。本記事では、Macのストレージ容量を確認する方法を紹介する。

このMacについて > ストレージが最も見やすい

Macのストレージ容量を確認する最も簡単な方法は、「このMacについて」を見ることだ。左上にあるAppleのロゴをクリックし、「このMacについて」をクリック。
About this Mac 01

「概要」と書かれたタブが表示されるので、「ストレージ」タブをクリックし、切り替える。
How to check Mac Storage 02 3

「Macintosh HD」の下に、全体のストレージ容量と使用しているストレージ容量が表示される。グラフを見れば、おおよその使用率が確認できる。
How to check Mac Storage 01

Finderの「情報を見る」からも確認する方法も

やや”マニアック”だが、Finderの「Macintosh HD」を右クリックし、「情報を見る」から「空き領域」および「使用領域」を確認できる。

How to check Mac Storage 03

確認はできるが、間違いなく「このMacについて」の方が見やすい。

Macのストレージ容量が不足した場合

Macのストレージ容量を確認しているということは、そろそろ容量不足が近づいているからだろう。

外付けドライブに一部のデータを退避する方法が最も確実だが、Mac内部の不要なファイルを削除すれば、容量不足を解消できる場合がある。

以下にまとめておく。

  • ゴミ箱を空にする
  • デスクトップを綺麗にする
  • 不要なアプリケーション・ソフトウェアを削除する
  • 容量の大きいファイルを検索、不要なものを削除する
  • 「写真」アプリのiCloud設定を最適化
  • 写真や動画のデータを外付けドライブに移動
  • iOSデバイスのバックアップファイルを削除する
  • セーフブートで余計なキャッシュをクリアして容量を取り返す
  • 不要なファイルは削除 or 外付けHDDに出して容量確保

詳しい手順は、下記記事を参考にどうぞ!

関連情報
更新日2020年01月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索