Macのバッテリー状態を確認する方法

Macbook pro 2016 15inch battery ifixit

MacBook」や「MacBook Pro」を長く使い続けるためには、バッテリーが重要

電源に繋ぎっぱなしなのであればまだしも、バッテリーが持たないノート型Macを持ち歩くのは苦痛だ。電源席を求めてカフェをめぐるなんてナンセンス。理想はMacのバッテリーだけで外出時の作業をまかなえること。

とは言え、Macのバッテリーも年月とともに劣化する。今あなたが使用しているMacのバッテリー状態は正常なのか、それとも交換する必要があるのか。

本記事では、Macのバッテリー状態を確認する方法を解説する!

「このMacについて」から確認する方法

まず、画面左上のAppleロゴをクリックし、1番上にある「このMacについて」をクリック。
How To Check Battery Health 02

この画面では自分自身が使用しているmacOSバージョンやハードウェアスペックを確認することが可能。ソフトウェア・アップデートへのリンクもここからアクセス可能なので、知っておくべし。

ただ、今回はバッテリー状態を知りたいため、「システムレポート」と書かれたボタンをクリックする。
How To Check Battery Health 03

左のサイドバーにある「電源」という項目をクリックし、「状態情報」という項目の中にある「状態」という項目に書かれている内容を確認する。ここが下記スクリーンショットのように「正常」であれば問題ないが、「今すぐ交換」などと表示されている場合はそろそろバッテリーも限界かもしれない。
How To Check Battery Health 01

表示されるMacのバッテリー状態

Macのバッテリー状態としては、以下の4種類がのいずれかが表示される。

標準 バッテリーは正常に機能していることを指す。
間もなく交換 バッテリーは正常に機能しているが、充電可能量は新品時より減少していることを指す。
今すぐ交換 バッテリーは正常に機能しているが、充電可能量は新品時より大幅に減少していることを指す。なお、交換するまで現在のバッテリーを使用し続けても、コンピュータは損傷しない。
バッテリーの交換修理 バッテリーは正常に機能していないことを指す。使用しているMacの点検修理を依頼した方が良い。なお、検査を受ける前でも、コンピュータに損傷を与えることなく、引き続きバッテリーを使用することができる。

基本的に「正常」以外はバッテリーが徐々に劣化しているか、または大幅に劣化しているかとなっている。「正常」以外の表示を確認した場合、修理の必要性や交換、または買い替えを検討した方が良いことを念頭に入れておきましょう。

メニューバーから確認する方法

実はもっと簡単に確認する方法が存在する。

Macのメニューバーを見てみよう。右上の方にバッテリーアイコンがあり、それをクリックすると以下ののようにバッテリーが充電済みであるかどうか、エネルギー消費の激しいアプリケーションの一覧などを確認することができる。
How To Check Battery Health 0001

では、一旦、デスクトップ上のどこかをクリックして上記メニューを閉じ、今度は同じバッテリーアイコンを「alt/option」キーを押しながらクリックしてみよう。すると、下記のような表示に変わるはず。
How To Check Battery Health 0002

「バッテリーは充電済み」の上に「状態:正常」と書かれていることが確認できる。いちいち「このMacについて」から確認することなく、「alt/option」キーを押しながらバッテリーアイコンをクリックするだけでバッテリーの状態が確認できるのだ。

MacBook」や「MacBook Pro」を使っている人はこの方法で一度バッテリー状態を確認しておくべし!