「AirPods」を耳から外しても音楽再生が一時停止しないようにする方法

Apple Wireless Earphones AirPods Review

AirPods」の良いところは、耳から外すと自動的に音楽再生が一時停止され、再度耳の中に入れると音楽再生が再開すること。音楽の再生・停止を一切考えることなく充電ケースの出し入れで完結する点はとても気にっている。

ただ、これを逆に不便だと感じる人もいるだろう。片耳外した状態でも音楽が止まらないでほしい、という人のために、本記事ではAirPods」を耳から外しても音楽再生が一時停止しないようにする方法を解説する!

「AirPodsの設定はiPhoneに接続した状態で行う

「AirPods」のタップ操作を変更する方法と同じように、「AirPods」を耳から外しても音楽再生が一時停止しないようにする場合は「AirPods」をiPhoneに接続された状態で行う。

接続されたことを確認したら、「設定」アプリを開き、「Bluetooth」をタップする。
How to keep airpods playing when taken out of ears 01

「AirPods」が「接続済み」になっているはずなので、その横にある「i」アイコンをタップする。
How to keep airpods playing when taken out of ears 04

「接続解除」「このデバイスの登録を解除」の下に「AirPods」のタップ操作を変更する設定項目があり、そのさらに下に「自動耳検出」という機能がある。
How to keep airpods playing when taken out of ears 02

説明には「AirPodsを耳に付けているときは、接続されているデバイスからAirPodsにオーディオが自動的に転送されます」と書かれているが、要はオンになっていると自動停止・自動再開が有効になり、オフになっていると無効になる、ということ。

下記状態になっていれば「AirPods」を耳から外しても音楽再生が一時停止しないようになる。
How to keep airpods playing when taken out of ears 03

不便に感じている人は一度お試しあれ!

「AirPods」新着記事
トレンド検索