【iOS 8】新しくなったSpotlight検索の使い方・活用方法

iOS 8 Spotlight
何かを調べたい時にSafariを立ち上げたり、Google Chromeを立ち上げたりする手間が減る。それだけでも画期的なのだが、App StoreやWikipediaも直接検索することができる。

そう、「iOS 8」から新しくなったSpotlightならね!

今までよりもパワーアップし、便利になったこの検索機能を使わない手はないので、その設定方法と使い方を紹介する!

Spotlightを起動する方法

まずはSpotlightを起動する方法。ほとんどの人は間違えてSpotlightを呼び出してしまう時以外、使っていないかもしれないが、今回からきっと活用したくなるはず!

ホーム画面を表示し、画面全体を下方向に引張る。
iOS 8 Spotlight
するとこのような画面に切り替わる。これが「Spotlight」だ!
iOS 8 Spotlight

Spotlightの設定方法

続いてSpotlightの設定をチェック。Spotlight検索を利用した時の検索結果の表示順番や優先度、表示する項目を選択できるようになっている。

いつもどおり、「設定」アプリの「一般」をタップ。
iOS 8 Spotlight
中に「Spotlight検索」という項目があるので、これをタップ。
iOS 8 Spotlight
このようにSpotlight検索をした時に検索結果候補として表示される項目が一覧で表示されている。ここで新しいSpotlightの機能を活用するためには赤枠で囲んだ「Bingのウェブ検索結果」にチェックが入っていることを確認しましょう。
iOS 8 Spotlight

Spotlightを実際に使ってみる

設定は以上で終了。早速Spotlight検索でどのような結果が出るかを紹介する!

まずは「Twitter」と検索するために「tw」と入力したところ。インストールされているアプリの一覧の他、「tw」の文字列を含む曲名が表示されている。これは「iOS 7」から変わらず。
iOS 8 Spotlight
続いて「gori.me」と入力したところ。自分のプロフィールの他、ホーム画面に追加gori.meのショートカットリンクも表示される(参考:よく見るサイトのアイコンをiPhoneのホーム画面に追加する方法)。
iOS 8 Spotlight
ただ、今回最もアピールしたいのはこのようなキーワードの場合。昨日ハマっていると紹介した「E-girls」だが、これでSpotlight検索をすると以下の様な結果が表示されるのだ!
iOS 8 Spotlight
iPhoneの中に入れている曲はもちろんのこと、Bingの検索結果も表示される!SafariやGoogle Chromeを開いて検索ボックスをタップする手間が省けるのだ!

これまであまりSpotlight検索を使ってこなかった人は是非一度お試しあれ!特に大量のアプリをiPhoneの中に入れている人は必死にフォルダ分けをしなくても検索すれば出てくるはずなので、やってみるべし!

iOS 8」を使いこなすTipsをチェック!

オススメ
ios8-spotlight-12.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法