サイズダウン!「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えた理由

iphone-6-plus-gold-128gb-55.jpg
僕は「iPhone 6s」の128GBモデルを予約した。カラーはシルバー。5.5インチモデルだった「iPhone 6 Plus」から4.7インチモデルである「iPhone 6s」にサイズダウンすることを決意したのだ。

思い返してみれば、僕は「iPhone 6 Plus」を購入することに非常に意欲的だった。「iPhone 6 Plus」の128GBモデルを買うべき7つの理由には以下を挙げていた。

  1. ディスプレイが大きいし高解像度!大きいは正義!
  2. カメラ性能が高い!写真を撮るのが楽しそう!
  3. iPhone 6 Plus」の方が電池持ちが良い!モバイルバッテリーも不要?!
  4. タブレット不要説!「iPad mini」とかもう要らないでしょう!
  5. ゲームは確実に大きい画面の方が楽しそう!
  6. 両手でフリックすれば、いいじゃない!
  7. 大は小を兼ねる!写真も映像も気兼ねなく撮りまくれ!

その後、実際に購入し使い始めてからの感想を「「iPhone 6 Plus」を使ってみて分かった14のこと」と「「iPhone 6 Plus」を日々使っていて感じた9のこと」という記事にまとめた。期待通り便利になったこともあったが、不便に感じることもあった。


1年後、僕は「iPhone 6s」に決めた。今回はその理由についてまとめたので、今後購入を検討している人は参考にどうぞ!

iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換えた8の理由

1. 片手の操作が難しすぎる

iphone-6-plus-gold-128gb-66.jpg
iPhone 6 Plus」を1年間使ってきて1つ断言できることがるとしたら、やはり片手で操作することには無理がある、ということ。

僕自身、両手フリックをすることが元から多く落ち着いて文字を売っているときはそれほど気にならないのだが、例えば電車の中で手すりに掴まりながらメールに返信したい時には多少気を使う。さすがに1年間も使い続けているのでどのように手を動かせば落とさずに文字を打つことができるのかは把握しているが、それでも打ちづらい文字は打ちづらいこと変わりない

画面の片方に寄せることができるサードパーティ製キーボードアプリを活用するということも試したが、何だかんだで純正のキーボードが最も使いやすかった。慣れたことは慣れたが、これ以上改善されることはないだろうと1年間通じて思うようになった。

また、文字入力だけではない。単純に操作がしづらいのだ。画面最上段にあるアプリを片手で操作するのは至難の業だ。これを解消するために「Reachability(簡易アクセス)」という機能が「iPhone 6/6 Plus」以降に実装されたが、記事用に試して以来、一度も使ったことがないと言い切れる自信がある。全く役に立たない。


iOS 9」からは通知をタップすると、通知をタップする前に戻るためのボタンが用意される機能が追加された。これは画面の左上に表示される。「iPhone 6 Plus」では片手で確実に届かない場所にある。

2. 5.5インチ用ケースが圧倒的に少ない

simplism-silicon-band-iphone-6-plus-21.jpg
イケてるケース、オシャレなケース、格好良いケース、可愛いケース。「iPhone 6 Plus」用もあるが、基本的には4.7インチ用が大多数。4.7インチ用は用意するが、5.5インチ用は用意していないというケースも少なくない。

国内では「iPhone 6s Plus」が飛ぶように売れていたようだが、今年は5.5インチ用ケースも増えるのだろうか。なお、手帳型ケースに関しては出さないメーカーも出てきたという情報もある。

3. ランニングの時に邪魔

iPhone-6-Plus-Running-Arm-Band-19.JPG
僕はランニングを日課としている。本日も7.5kmほど走ってきた。

右腕に「Apple Watch」、右ポケットに「iPhone 6 Plus」という状態で走っているのだが、やはり「iPhone 6 Plus」が邪魔なのだ。以前、アームバンドを買ってみたが、もはや鎧の一部であるかのような異様な存在感を放っていたので1回限りの使用となった。


「iPhone 6s」のサイズであればアームバンドとして付けてももう少し収まりがいいのではないかと期待している。ポケットに入れていても「iPhone 6 Plus」よりは小さく、軽いので気にならないだろうと期待している。

4. 大きい割には大きいことによる恩恵を受けていない

5.5インチを購入した理由として「大は小を兼ねる」という考えがあった。スペックには差はないものの、やはりMacと同様に大きい画面の方が生産性が向上すると期待していた。

1年間使ってみた結果、5.5インチという大画面の恩恵を受けることができた記憶がない。その理由として2つある。

4-1. 大画面を活かしたアプリが少ない

Landscape-Mode-Twitter-1.png
1つは大画面を活かしたアプリが少ないということ。

個人的には5.5インチだからこそ4.7インチモデルにはできないような特別な表示方法や使い方ができるのではないかと期待していたが、せいぜいランドスケープモード(横向き)にすると画面が分割されるぐらいだ。ハッキリ言って全く使わない。そもそも画面回転ロックをしているのでランドスケープモードを使わない。

もし「iOS 9」で登場した「Split View」などを利用することができたのであれば話は別だったかもしれない。ただ、それだとしても画面分割マルチタスクをするには5.5インチという画面サイズは小さすぎる。いずれにせよ、「ただ大きいだけ」だった。

4-2. 大画面ブラウジング、スマホサイトだとあまり恩恵を受けない

my-first-impressions-of-iphone-6-plus-35.jpg
「ただ大きいだけ」と感じることが特に多かったのはブラウジング時。スマホでブラウジングをしても結局はただのスマホサイトが表示されるため、5.5インチディスプレイで見ても単にスマホサイトの表示領域が多少広くなった以外何も変わっていない、という事実。Macでは表示領域が広くなることは正義だと信じてやまない僕だが、スマホに関しては少し感覚が違っていたようだ。

5. 光学手ブレ補正の恩恵を受けた実感がない

my-first-impressions-of-iphone-6-plus-19.jpg
「iPhone 6 Plus」には静止画における光学手ブレ補正に対応している。光が少ない暗所で撮影する時に力を発揮すると言われていた。

残念ながら僕はこの光学手ブレ補正の恩恵を受けたと感じたことは全くない。もちろん、「iPhone 6」と日々比べながら写真を撮っていた訳ではないので気付いていないだけかもしれないが、本格的な写真を撮りたいときは「Canon EOS 70D」を使えばいい、と割り切ることにした。


「iPhone 6s Plus」では動画撮影時でも光学式手ぶれ補正が使用可能になったが、これまで「iPhone 6 Plus」で撮影した動画にそれほど不満もなかったので、最も良いカメラが使いたかったという思いを抑えて今回は見送ることにした。

6. モバイルバッテリーはどの道持ち歩いている

Cheero Power Plus 3 Premium 20100mAh
「iPhone 6 Plus」の魅力はその電池持ち。比べてみるとやはりその差は大きい。

iPhone 6 PlusiPhone 6s
通話時間:最大24時間(3G)
連続待受時間:最大384時間
インターネット利用:最大12時間(3G)
インターネット利用:最大12時間(LTE/Wi-Fi)
通話時間:最大14時間(3G)
連続待受時間:最大250時間
インターネット利用:最大10時間(3G)
インターネット利用:最大10時間/11時間(LTE/Wi-Fi)

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」発売前のレビューでも「iPhone 6 Plus」の電池持ちの良さは話題になっていた。


確かに僕も日頃から使用していて電池持ちの良さには驚かされる。「iPhone 5s」は日中どこかのタイミングで充電することは欠かせない。1日中持つことはまず不可能だった。

「iPhone 6 Plus」に変えてから確かに1日電池が持つことはほぼ間違いない。ただ、結局のところ常にモバイルバッテリーを持ち歩いている自分がいる。心配症なのだ。万が一電池が切れてしまったら僕はきっと情緒不安定になり、ガタガタ震えるだろう!

よって、電池が持つことは大事だが、モバイルバッテリーを結局持ち歩くのであれば機動性を優先してもいいのではないかと感じるようになった。


7. ただでさえ重いのに、さらに重くなる

using-iphone-6-plus-30.jpg
「iPhone 6 Plus」は172gもあるが、「iPhone 6s Plus」はなんと20gも重くなり、192gになる。ポケットに入れて走るなんてもっての他だ。

「iPhone 6s」も129gだった「iPhone 6」から多少重くなり143gになるが、それでも「iPhone 6 Plus」よりは軽い。必ずポケットに入れて生活しているので、200g近くなるのはさすがに勘弁してもらいたい。

8. 「iPad mini」は使わなくなったが、「iPad Air 2」は使っている

Using-iPad-Air-2-14.jpg
「iPhone 6 Plus」があればタブレットを使わなくなると思っていた。確かに「iPad mini」は使わなくなってしまったが、「iPad Air 2」は毎日のように使っている。


結局、iPadはiPadで使い、iPhoneはiPhoneで使うのだ。そしてそれぞれ求める用途が異なる。「iPhone 6 Plus」をタブレットの代わりとして使おうとした結果、その事実にようやく気がついた。

僕にとってiPadとはMacを開くほどではなく、キーボードを使って文字を打ちたいのではなく、ただ情報をインプットしたい時に役立つデバイスなのだ。「iPhone 6 Plus」は5.5インチのディスプレイになったとはいえ、あくまでもスマートフォンという域を脱しない。よって、タブレットとして求めているような使い方は実現することができなかったのだ。

「iPhone 6s」に変えることで失うもの

iphone-6-plus-gold-128gb-29.jpg
以上8点が今回「iPhone 6 Plus」から「iPhone 6s」に乗り換える理由ではあるが、5.5インチから4.7インチに乗り換えるにあたって失うものもあることを書いておく。

1. 単体の電池持ちは悪くなる

やはりiPhone単体の電池持ちは悪くなり、今までよりも頻繁に日中充電しなければならないことが増えると予想される。モバイルバッテリーの持ち忘れに注意!

2. 光学手ブレ補正よ、さようなら

光学手ブレ補正の恩恵を受けていたかどうかは分からないが、仮に受けていたとした場合、今後暗所における写真が多少ブレやすくなるかもしれない。しっかりとiPhoneを抑えて写真を撮るように心掛けようと思う。

3. 電子書籍は少し読みづらくなるかも(特にコミック)

iPhoneで電子書籍を読む場合は文字ばかりなので片手で操作できるようになるであろう4.7インチの方がかえって僕にとっては好都合なのだが、電子コミックを読もうとする場合は多少不便になるかもしれない。

結論:大きければ良いという訳ではなかった

iphone-6-plus-12.jpg
iPhone 5s」から「iPhone 6 Plus」へのステップアップは大きな一歩だった。久しぶりに「iPhone 5s」を触ると二度と4インチには戻れないと確信できる。

ただ、5.5インチはさすがに大きかった。どうやら僕にとってiPhoneは大きければ良いという訳ではなかったようだ。手の中にしっかりと収まり、片手で操作ができ、最新の機能を使用することができる。これからの1年間、「iPhone 6s」が自分にとって吉と出るか凶と出るか、楽しみながら使っていきたい。


オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告