毎年恒例!「iPhone 6s」を購入後38分で割った人が話題に

Broken iphone6s
なぜ毎年のように起きるのか不明だが、今年も悲劇が起きた。

本日「iPhone 6s」ならびに「iPhone 6s Plus」が発売開始されたが、購入してから38分で「iPhone 6s」を早々に割った人が話題になっていた。1時間も経たずにディズプレイはバッキバキに。先ほど紹介した落下テストを実施したKeller氏とはワケが違う。

落としそうな人は保護ガラスとケースを買いましょう


なぜこれが「毎年恒例」になってしまうのか甚だ疑問ではあるが、買ったばかりで興奮して落としてしまうのだろうか。「iPhone 6s」シリーズは本体そのものの強度が増したとは言え、ディスプレイが地面に当たってしまうと割れてしまうことは落下テストで実証されている。

本日新しく「iPhone 6s/6s Plus」を購入した人は慎重に扱いつつ、早々にガラス保護フィルムケースを購入しましょう。


オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告