【神ツール】iPhoneはSafariだけどMacはChromeという人向け!メニューバーにiCloudタブを表示できる「CloudyTabs」が超便利!

CloudyTabs 【img via github

iPhoneはSafariを使っているが、MacはChromeを使っている、と言う人も少なくないだろう。デバイス間のタブの同期が便利なのでiPhoneでもChromeを使いたいが、Appleがブラウジングを高速化するエンジンを解放していないため、なんだかんだで最終的にSafariに落ち着いている。


ただ、iPhoneで見ていたウェブページをより大きなディスプレイで見たい、というニーズは確実に存在する。「CloudyTabs」を使えばなんとメニューバーからiCloudタブを表示できるのだ!まさしく神ツール!

これでiPhoneやiPadでSafariを使っていても何も怖くない!

「iPhoneやiPadでSafariは使いたいけど、タブの同期が便利だから仕方なくChromeを使っている」という人も「CloudyTabs」を使えばiCloudを使って同期している全てのデバイスのタブがリストとして表示される。

ダウンロードはgithubからどうぞ。ダウンロード場所は以下のスクリーンショットにあるリンクからどうぞ!ZIPファイルを解凍してアプリケーションフォルダに移動後、起動するとメニュータブにiCloudのアイコンが表示されるはず。クリックするとiCloudアカウントで同期している全てのデバイスのSafariタブが表示されているはず!ちなみに対応OSは「OS X 10.8.2」以降のみ。

CloudyTabs
MacでのメインブラウザーをSafariに変えればいいという話かもしれないが、正直僕は現在利用しているGoogle Chrome Extension(拡張機能)が便利すぎて今更Safariに乗り換える気には到底なれない。とは言え、iPhoneやiPadのChromeは物足りないし、Safariの方が快適にブラウジングができる。

CloudyTabs」はこれらの悩みを一気に解決してくれる。同じことで悩んでいる人がいれば、試してみるべし!

ブラウジングを快適に!Google ChromeにインストールしているExtension(拡張機能)17選 | gori.me(ゴリミー)

(via ライフハッカー[日本版]

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー