【レビュー】「MacBook Air (Mid 2013)」(Core i7/8GB/256GB)を購入!分かりきった外観の美しさをチェック!

Macbook air mid 2013
1回の充電で1日中頑張れると噂のあいつがついに我が家にやってきた!

WWDC2013で発表された新型のMacBook Air。フル充電出1日中使える、驚異的な体力を持つマシーンを僕は買わずにいられなかった


何よりもその魅力は13インチモデルで公称値12時間持つと言われているバッテリー。既に数日間使っているのでバッテリーについては追って記事にしたいと思うが、まずは前モデルから変わらずに美しい外観の写真をどうぞ!

MacBook Air Mid 2013は相変わらずの美しさ!

MacBook Airは美しい。これは言うまでもない。

その完成されたフォルムをもっとも美しい状態で拝めるのは、箱を開けた瞬間。開封とともに漂う新品の匂い。スーハースーハー。
Macbook air mid 2013
さて、気を取り直して本体に下にある付属品の確認。特に大きな変化はなし。アダプターのサイズも変わらず。
Macbook air mid 2013
そしてこれが体力自慢の新型MacBook Air Mid 2013 13インチモデル!ひゃっほう!
Macbook air mid 2013
ちなみにスペックは以下のとおり。CPUとRAMを最大にアップグレードし、SSDは256GBのままにした。

  • 1.7GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)
  • 8GB 1,600MHz LPDDR3 SDRAM
  • 256GBのフラッシュストレージ
  • バックライトキーボード (US)

ポートも変わらず。Magsafe 2とUSBポート、イヤフォンジャックが用意されている。
Macbook air mid 2013
右側にはThunderboltポート、USBポート、そしてSDカードスロット。一眼レフを使っているのでSDカードスロットは意外と使う機会が多い。
Macbook air mid 2013
MacBook Airは何度見ても薄くて美しいね!いやはや…。
Macbook air mid 2013

MacBook Air Mid 2012と外観に差はない

僕は元々MacBook Air Mid 2012(Core i7/8GB/256GB)を使っていた。スペックの比較については後日別記事で紹介するが、外観についてはほぼ完全一致。
Macbook air mid 2013
左側のポートも変わらず。
Macbook air mid 2013
右側のポートも同じだ。
Macbook air mid 2013
唯一違うのは新型MacBook Airがデュアルマイクを採用している点。音声の入力がクリアになるらしいが、正直活用する機会はあまり無さそうだ。
Macbook air mid 2013
MacBook Air Mid 2013を開けてみると、毎度挟まっている薄い紙。余談だが、今回は久しぶりに保護フィルムを貼るか悩んでいる。張っている人はどれぐらいいるのだろう。
Macbook air mid 2013
キーボードは言うまでもなくUS配列。US配列、最高。できる限りこの先の人生においてもJIS配列を使う必要性がないように生きていきたい。
Macbook air mid 2013

マイナーアップデートだからこそ確実に良い買い物!

今回発表されたMacBook Airは前モデルから大きくバージョンアップしていない。先に言ってしまうと新型のスペックは電池持ちが劇的に良くなったことを除けば前モデルとほとんど変わらない

ただ、だからこそ買う意味がある。TechWaveの湯川さんが「そしてMacBook Airは僕にとっての神マシンとなった【湯川鶴章】」という記事に素晴らしいコメントを書いていたので、紹介する。

今回のバージョンにはretinaディスプレイが搭載されなかったから、マイナーなバージョンアップととらえる人もいる。でも大きな改良点があるバージョンアップには不具合がある可能性がある。今回のようなマイナーな改良時こそ、製品が完璧ともいえる領域に達するときであり、買い時なのだと思う。


まさに湯川さんが書かれている通りだと思う。MacBook Air Mid 2012を持っている人が買い換える理由としては確かに弱いかもしれない。ただ、MacBook Airを買いたいと思っている人であれば、今回発表されたモデルはまさに完成された製品。買って間違いないだろう。


今後は前モデルとのスペック比較に加えて実際のバッテリー駆動時間について記事にする予定!お楽しみに!

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告