iOS 15、初代iPhone SEおよびiPhone 6sをサポート終了か

発売から5年以上が経過したA9チップを搭載したiPhoneが非対応になる可能性

IPhone SE Outdoors photo

Appleが2021年にリリースするiOSのメジャーアップデート(iOS 15)は、初代iPhone SEiPhone 6siPhone 6s Plusをサポートしない可能性がある。The Verifierによると、「iOS 15」がサポートするiPhoneおよびiPod touchは以下のとおり。

iPadOS 15でも一部iPadモデルがサポート対象外になる可能性?

The Verifierは、iOS 14をサポートするiPhoneを正確に予測した実績がある。

iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusは2015年9月にリリース。A9チップを内蔵し、初めて3D Touchを搭載した端末だった。初代iPhone SEは翌年の3月に発表。同じA9チップを内蔵しているが、デザインはiPhone 5sを踏襲している。

いずれのモデルも発売から5年以上経過しており、いつサポート終了しても不思議ではない。

iPadOS 15」のサポート対象機種は明らかになっていないが、iPadOS 14ではサポートされているA8X内蔵のiPad Air 2、A8内臓のiPad mini 4、A9内蔵のiPad(第5世代)がサポート対象外になる可能性はある。

(Source: The Verifier via MacRumors

関連情報
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    さらに先の話ですがもしA10チップがサポート対象外になったら7と共にiPod touchも対象外になるから新型出たりするのかな?

  2. 通りすがりの読者

    iOS14の時点でまだサポートされるのか!って驚きましたな
    しかし6sは長生きした名機でしたな

  3. xPluss

    とうとう…6s Plusもサポート終了ですか…

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索