初代iPhoneと「iPhone 6 Plus」のスクリーンショットを比較した画像が衝撃的だと話題に!

Screenshot comparison
【img via Twitter

上記はiPhone 6 Plus」で撮られたスクリーンショットの上に初代iPhoneで撮られたスクリーンショットを重ねた画像だ。

信じられないだろう。僕も最初見た時は意味がよく分からなかった。

ただ冷静に考えてみると初代iPhoneのディスプレイ解像度は480✕320ピクセル。一方、「iPhone 6 Plus」は1242✕2208ピクセル(ディスプレイ上では1080✕1920ピクセルにスケーリングされている)。冷静に考えてみれば当然と言えば当然のことだが、こうして重ねてみるとどれほどiPhoneのディスプレイ高解像度になったがよく分かる。

スクリーンショット全体の画像は続きからどうぞ!

かつてのホーム画面は今のアイコン程度の大きさだったという衝撃

iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」はRetina HDディスプレイなるものを搭載。「iPhone 6 Plus」に至ってはiPhone史上最高のピクセル密度401ppiのディスプレイを搭載。近づいても僕の目ではピクセルを視認できない。

初代iPhoneのスクリーンショットと並べると、もはや初代iPhoneが1つのアイコンと扱われてもおかしくない大きさだ。先日、初代iPhoneから「iPhone 6」までディスプレイサイズがどれほど進化してきたかが分かるGIFアニメを紹介した。

初代iPhoneと「iPhone 6 Plus」ではディスプレイサイズは3.5インチから5.5インチと大きくなっているが、解像度で見比べてみるとまさか2インチの差がここまで大きいとは誰も思わなかっただろう。

なかなか衝撃的なスクリーンショットだ。iPhoneはここまで進化したんだ。

【レビュー】「iPhone 6 Plus /128GB/ゴールド」は確かに大きいが、逆にそれが良い!両手フリックが快適! | gori.me(ゴリミー)

【レビュー】「iPhone 6 Plus」用ケース「Simplismカードポケットファブリックケース」でおサイフケータイ化! | gori.me(ゴリミー)

(via Cult Of Mac