【レビュー】Caldigit Tuff nano:IP67防水仕様の超小型SSD

最大読み込み1055MB/s、最大書き込み900MB/sの高速転送を実現、カラフルな4色展開

Caldigit Tuff Nano SSD Review 2 01

内蔵ストレージ不足を解消するために、外付けSSDは非常に便利だ。軽く、コンパクトで、データの通信速度が速い。衝撃に強く、防水防塵仕様である製品も少なくない。

今回紹介するのは、Caldigitから提供してもらった超小型SSDTuff nano」。最大読み込み1055MB/s、最大書き込み900MB/sの高速転送を実現し、外部ストレージとしてだけではなく直接作業も十分に耐えうる仕様だ。

本体は名刺サイズ、可愛いパッケージは持ち運び用ケースになる

「Tuff nano」はパッケージが可愛い。一昔前のゲーム機用カートリッジが入っているようなデザインで、ワクワクせずにはいられなかった。
Caldigit Tuff Nano SSD Review 06

本体とケーブルを収納する場所が用意されている。
Caldigit Tuff Nano SSD Review 07

「Tuff nano」は名刺サイズ。重量はわずか77g。
Caldigit Tuff Nano SSD Review 2 04

胸ポケットに入れておいても気にならないほど小さく、軽い。
Caldigit Tuff Nano SSD Review 2 03

USB-Cポート1つのみ、水に浸した後でも問題なく動作

「Tuff nano」に搭載されているポートはUSB-Cポート1つのみ。やや開閉しづらい構造を持つラバー製カバーが用意されている。
Caldigit Tuff Nano SSD Review 10

IP67を満たしているため、深さ1メートルの水中に30分間放置しても有害な影響を受けない。防塵、耐衝撃性能も備える。
Caldigit Tuff Nano SSD Review 11

端子が密閉されていることを入念に確認した上で、実際に水に浸してみた。
Caldigit Tuff nano

乾かした後、MacBook Proに接続して動作を確認する。
Caldigit Tuff Nano SSD Review 03

問題なく認識された。「Tuff nano」をMacに接続すると、製品のアイコンが表示されるのは良い。
Caldigit Tuff Nano SSD Review 04

転送速度を計測したところ、書き込み速度は約778Mb/s、読み込み速度は923MB/sだった。メーカーが謳う最大読み込み1055MB/s、最大書き込み900MB/sには満たないが、十分速い。512GBモデルのため、理論上は1TBモデルはさらに速い可能性がある。
Caldigit Tuff Nano SSD Review 05

SanDisk Extreme Pro Portableと良い勝負

Caldigit Tuff Nano SSD Review 2 05

これまで持ち運び用のSSDとして「SanDisk Extreme Portable」を使用してきたが、手元にあるモデルの最大読み込み速度は550MB/s。転送速度では「Tuff nano」が上回っている。

ただしSanDiskの最新モデル「Extreme Pro Portable」は最大1,050MB/s。価格もSanDisk製の方が安い。

Tuff nano SanDisk Extreme Pro
転送速度 書き込み:最大1055MB/s
読み込み:最大900MB/s
書き込み:最大1050MB/s
読み込み:最大1050MB/s
ポート USB 3.1 Gen 2 USB 3.1 Gen 2
防水仕様 IP67 IP55
重さ 77g 77g
カラバリ グリーン
レッド
ブラック
ブルー
価格 512GB:19,800円 500GB:16,800円

その代わり「Tuff nano」の方が高い防水・防塵性能を持ち、本体カラーもカラフルな4色展開だ。個性的なデザインを好み、撮影現場などラフな環境で使う機会が多いのであれば、「Tuff nano」が良いのではないだろうか。

Caldigit Tuff nano
8.2/10
特集
関連情報
更新日2020年04月13日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac用USB-Cアクセサリ」新着記事
トレンド検索