知っ得!僕が修正の確認によく使う、Mac版Safariの便利機能3つ

Safari
【img via Safari / aditza121

僕がWPTouchのコードを修正したい時に必ず利用するツールは、Mac版Safari。今回は僕が重宝している便利機能を3つほど紹介しておく。

ユーザーエージェントの偽装

Safariの最大の魅力はなんといっても標準で搭載されているユーザーエージェント偽装機能

初期状態では有効になっていないので、Safariの設定の中にある「詳細」タブを開くと一番したに「メニューバーに[開発]メニューを表示」というのがあるはずなので、それにチェックを入れて有効化。
Safari settings

チェックを入れるとメニューバーに「開発」メニューが追加されるので、その中からユーザーエージェントを選ぶと、自動的にページが再読み込みされ下記のように表示が変わる。これでWPTouchの表示が確認できる!

キャッシュの削除

CSS等を修正しても反映しない場合、キャッシュが残っているケースが多い。Safariでキャッシュを削除する場合、Safariの設定の中にある「プライバシー」タブの中にある下記箇所をクリック。
Safari cache

キャッシュやCookieを削除したいページを検索し、「Remove」で削除完了!
Safari cache2

インスペクターの別画面表示

僕はコードを修正して都度デプロイするなんて非効率なことは当然やってられないので、標準搭載されているインスペクターを重宝している。右クリックで呼び出すか「Alt + Cmd + i」で表示することができる。

デフォルトではSafariと一体化していると思うが、表示領域が狭くなるのでインスペクターを分離させるのがオススメ。やり方は左下のボタンをクリックするだけ!
Safari separate

以上!SafariはChromeと同じくWebkitベースのブラウザなのでデバッグ機能が充実していて便利だね!